2009年03月28日

長男、来場

 京セラドーム大阪で行われた阪神とのオープン戦に、長男が遊びに来ました。といっても、1歳5か月の身なので、もちろん母親であるヨメとともに。さらに今日は、ヨメのママ友のご一家が一緒に観戦されたので、私にとってはさながら参観日のような気分でした。いつも一緒に遊んでいるみんなはスタンドで楽しく野球を観て、私はその現場でお仕事…と、何だか不思議な感じです。

 長男は、場内で流れている声の主が父親であることが判るはずもなく、お友だちとウキャウキャいいながら座席の周りを走り回っていたそうです。野球場は大きな音が鳴ったり、照明が明るかったり、映像がいろいろ流れて乳幼児には落ち着かない場所であると思うのですが、意外に落ち着いていたようなので、もう少し大きくなったら、今度は社会見学に来場させようと思ったりした父・ほりえ〜るなのでした。


 ところで…
場内では試合前・試合中問わず様々なイベントを行っていて、来場者の方にマイクを向けるシーンもあります。その中のひとつに「実況パワフルイニング」というものがあり、バファローズの選手が活躍するシーンを場内で流し、その映像を見て実況してもらうのですが、その際にはぜひ、選手の素晴らしいプレーを讃えるコメントでお願いします。ごくまれに、相手チームの選手をおちょくったり、貶める内容のコメントを発せられる方がいらっしゃり、ご本人はウケ狙いでしゃべられていると思うのですが、正直、相手の選手に申し訳ない気持ちにさせられてしまうのです。野球に限らず、競技は相手がいて初めて成り立つものですから、相手への尊敬の念は忘れたくないですよね。その選手が将来、移籍などによってバファローズのメンバーとして同じフィールドに立つ可能性もゼロではないわけですし…。

 シーズン開幕を前に、スタジアムアナウンサーからのささやかなお願い事です。

 今シーズンも、小さなお子さんからご年配の方まで、誰もが楽しめる球場だと言ってもらえるよう、お仕事頑張らせていただきますね☆ 皆さんも、ご来場・ご声援よろしくお願い申し上げます。
posted by holyyell at 23:53| Comment(0) | お仕事がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

イチローさん

リポーター 「街の声を拾ってみましょう! 最後はイチローさんが決めてくれましたね!」


通行人A 「ここ一番でキメるあたりがさすがですよね〜」


通行人B 「土壇場の粘りというか、精神力の高さというか。素晴らしいです」


通行人C 「さすがの粘りですよねー。秘書が起訴されても代表を続投するって言っちゃうんだもの。」


リポーター 「…それって、どちらのイチローさんで?」

posted by holyyell at 06:20| Comment(3) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

戦友に会いに行く


090322-studium

 どんよりとした雲に覆われた京都の西京極陸上競技場。J1リーグ第3節・京都サンガFC対ガンバ大阪の試合を訪れました。

 担当しているJ:COM 京都みやびじょんの番組でサンガの応援コーナーがあり、先日ゲストに来てくれたサポーター連合の吉田団長から「ほりえっち、ずいぶん西京極に来てないでしょ」とツッコまれたため、「じゃ、今シーズンは必ず顔を出します!」と公約した、その有言即実行…というやつで。

 私のホームページを熟読された方や旧知の方ならご存知の通り、1995年から2001年まで(…Jリーグ昇格前夜から、昇格・降格を繰り返すエレベータークラブと呼ばれていた時期ですね)7シーズンにわたってサンガのスタジアムで場内に向けたおしゃべりを担当していました。そして団長は、そんなクラブの黎明期からサポーターをまとめ、最前列でサンガを応援し続けている人です。当時、スタメンの紹介はサポーターの前に走っていき、そこで声を張り上げて行っていましたので、団長と私はいわば戦友みたいなもの。(と勝手に思っています)

 その頃から比べると、試合前のスタジアム周りにはすいぶんと賑わいができて、活気に満ち溢れておりました。


090322-park

 そして、サポーター席もすごかったなぁ。取材がひと通り終わってオジャマしたら、人の声、太鼓の音、すべてがあの頃よりスケールアップしていました。スタメン紹介に呼応する声の力強さに身震いがするほど…。そして、スタンドを包み込む大きなフラッグもサポーターの皆さんと持ち上げて後ろへ送っていきました。応援って楽しいなぁ。団長が「これだけ多くの人が応援に参加してくれて、やりがいありますよ」と番組の中で話していたの、解りますヨ。

 古株のサポーターさんにも顔を見てもらえ、当時お世話になったクラブの職員さんたちとはいろいろお話しもできて良かったです。

 試合は2−1でサンガの勝利。実はまだ私が西京極でしゃべっていた2000年のセカンドステージから、サンガはJ1のリーグ戦でガンバに勝てていなかったのですが、今日、実に8年余りの歳月を経て勝利を収めました(連敗は9でストップ)。微妙な判定もあったりして勝たせていただいた感じも否めませんが、大きな意味のある1勝だったと思います。DFの朴選手、いいですねー。強さとポテンシャルの高さ、しっかり見せていただきました☆

 新戦力を迎えたサンガが、よりチームとして充実し、昨シーズンよりも更なる高みを目指して進んでいくことを期待しています。

 団長、またオジャマしますね。
posted by holyyell at 00:02| Comment(2) | お仕事がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

高ピリンて…

090319_1610~001.jpg
ものすごく解熱・鎮痛してくれそう〜
posted by holyyell at 14:03| Comment(0) | 気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

♪タータータータータタータータター

通勤途上の車内で、
ミニノートを使って、
メディアプレーヤーの再生リストを編集していたら…


指先が滑ってダブルクリック。


本体のスピーカーから、

♪タータータータータタータータター
     (↑ これで何の曲かが判った人はスゴイ☆)

ダースベーダーのテーマ(正式なタイトルではない)が流れた。

よりによって、何でこんなに人がいっぱい乗っている車内で「ダースベーダーのテーマ」やねん。


…慌てた。


となりのお姉さんが思わず「クスッ」と笑っていたのに少し救われた私。
posted by holyyell at 23:34| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

これでは…

駅のアナウンス 「到着の電車は回送電車です。お乗りにならないように願います

090317_0617~001.jpg

  ↑ 乗れませんってば!!
posted by holyyell at 06:22| Comment(4) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

この世は多面体

 景気対策として政府・与党が推進し、議会で予算が承認された高速道路の「1000円乗り放題」について、料金精算システムの改編が実施予定の今月28日に間に合わないとして、春休みのレジャー利用に影響が出るという報道がテレビ各社でなされていた。

 「これでは一般道を利用するしかないですね」という街の声を紹介しつつ、割引の前提となるETC装着に向けた助成が始まって活気づいた機器販売の動きに水を差しかねないという論調で。

 これだけ見ると、「政府、何やってるねん! システムの改編もお役所仕事やのう」と思いがちだが、ちょっと待て。システムの改編は、すべてが決まってからでないと動けないし、議会での決定は、民主党をはじめとする野党が、補正予算の関連法案から定額給付金を切り離せと与党に迫り、お互いで政争の具にして成立がずれ込んでしまったところがあるので、政府・与党だけが責められるのは筋違い。結局、総選挙にらみで国民のことを置き去りにした野党にも責任の一端はあるのだ。

 また、目先の売り上げに寄与する選挙を呼び込もうと解散風を吹かせ、世論をあおったキー局や新聞各社など、東京のマスコミにも責任がないとはいえない。


 一方、実施予定日に間に合わないおかげで、競争相手となる他の交通機関にはほんの少し猶予の恩恵がまわることになるんだなぁ…とも思ったり。


 報道はかく見るべきと思うし、世の中はこっちが立てばあっちが立たず…と、単純に解決することばかりではないことを改めて感じさせられる。

posted by holyyell at 09:50| Comment(2) | 物思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

CHANGE!!

バラク・オバマ大統領のことではありません。

よっ!大統領!! と声を掛けたくなる北川選手のお話。

今日、京セラドーム大阪で観戦されていた皆さんには、その衝撃がダイレクトに伝わったでしょう。

あの、バファローズ・北川選手の登場曲が変わったのです。


代打・逆転・サヨナラ満塁ホームランで2001年のシーズンにリーグ優勝を決めた北川選手の代名詞「一発マン」。その一発マンがタイトルになっていたアニメ「逆転一発マン」(はい、あのタイムボカンシリーズです)の主題歌を長年使ってきたのですが、今日からしかもブリトニー・スピアーズの曲に大胆変更!!

球場入りして曲の変更を知らされた我々スタッフは、その変更加減に、アゴが外れるのではないかというくらい驚きました。それと同時に、「これ流したら、お客さんはきっと、我々が流す曲を間違えたと思うよなぁ」と、音響のDプロと話していたのです。

案の定…
その第1打席で新しい曲が流れた瞬間、ライトスタンドに何やら戸惑いの空気を感じたのは言うまでもありません。

それほどまでに、お客さんにも親しまれていた曲の変更。個人的には、とてもわかり易く盛り上がり、千両役者の登場曲としては申し分のない作品だなぁと思って好きだったし、他にこんなファンキーな曲を使っているのは、球界広しと言えどもチームメイトのシモヤマンくらいしか思い当たりません。(^^;)

ご本人に直接聞いた訳ではありませんが、今シーズンにかける、並々ならぬ決意がそこにはあったのかもしれませんね。

とはいえ、これだけのフィット感がある曲をみすみすお蔵入りにするのはもったいないので、北川さん、チャンステーマとして残してみましょうよ。
posted by holyyell at 23:23| Comment(7) | お仕事がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

その橋は…

部下 「代表〜! 周りの人たちが、代表は“危ない橋を渡っている”と口々に言っています!」

代表 「いや、そんなことはないだろう。立派な橋だ。」

部下 「だって、その橋は○松建設が造った橋なんですよ。」
posted by holyyell at 23:19| Comment(2) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

さくらと一郎

一郎  ♪裏〜金に〜 負けたぁ〜

さくら ♪いいぇ、地検に〜 負けたぁ〜〜

    って、アンタなぁ。喜朗くんも俊博くんも、もらってたはずやのに、うちは脇が甘かったんちゃうの!

一郎  ご、ごめん、母ちゃん。
posted by holyyell at 07:00| Comment(2) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

ヘリウム宰相

太郎くん 「人の命は地球より重いと、ある御仁は言っていたが、私の発言は空気よりも軽い。」

一郎ちゃん 「存在もね。」

posted by holyyell at 06:59| Comment(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

トイレにて

それぞれの個室に貼ってあるプレートを見る。


「洋式」
…今や一般的になったよなぁ。ウォシュレット装備も普通やし。


「洋式・チャイルドシートあり」
…あぁ、最近は子育てパパのための設備も充実してきたよなぁ。


「和式」
…オーソドックスな和式はまだまだ健在ってところかぁ。


「古式」
…これって。

posted by holyyell at 20:17| Comment(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする