2009年05月30日

夏空


sky

「SKY」 by Mega stopper

という字幕を入れたくなるような空です。
(曲名をご存じない方には、バファローズの球団応援ソングとお伝えします)

球場に入る直前、神戸の総合運動公園駅から臨んだ空には、夏の雲がしっかりと育っていました。

いよいよ、大好きなシーズンが近づいています。

日々に追われてお疲れモードの中年男ですが、今日の空は元気をいっぱいくれました。

さぁ、明日も頑張っていきましょう☆
posted by holyyell at 23:59| Comment(3) | ニコりん坊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

スタジアムアナウンサー

 新聞ってスゴイなぁと思うのは、今日夕方からこれまでに寄せられたメールの数々。

「見たでー」
「読ませてもらったよ。」などなど…

 きょうの朝日新聞大阪版・夕刊の「かんさいスポーツカフェ」のコーナーに、球場の場内アナウンサーを紹介するという企画で載せていただきました。新聞に名前や顔写真が載るというのはなかなかない機会なので、老後の楽しみに…と思っていましたが、それをご覧になった方が次々にメールを送って下さったわけです。ありがたや〜。


 しゃべり手は「時間」という制約の中で物事を伝えるのが仕事のひとつですが、新聞は紙面の大きさに限りがありますから字数に制約があります。記者の方はお話しした内容をどう掲載するのか、ずいぶん腐心されたことと思います。

 このブログでは、紙面上で伝えられなかったことや、正しく理解していただくために補足をさせていただきますね。

 それは「スタジアムDJ」という表現。
今や、スポーツ興行の場では、場内アナウンサーのことを「スタジアムDJ」と呼ぶことが普通になっていますが、その言葉は、オリックス・ブルーウェーブが本拠地を神戸に移転して男性のしゃべり手を場内アナウンサーに起用した際に作られた“造語”なのです。生みの親は、バファローズのシニアビジュアルプロデューサー・大前一樹さん。オリックス球団の場内アナウンスのスタイルを確立された初代のDJ・KIMURAさんと作り上げた言葉が、今は独り歩きしているのです。ただ、正確には「スタジアムDJ」を名乗れる存在は、KIMURAさん以降出ていないのではないでしょうか? 全国の場内アナの皆さんは、仕事でお皿(音楽の素材)を回していませんよね? であれば、スタジアムDJではありません。だから私は「スタジアムアナウンサー」と名乗っているのです。(年間数試合だけはパートタイムDJをしていますが…)

 ちなみに、男性の場内アナウンサーはオリックスが発祥ではありません。戦後すぐには、広島カープが男性職員での場内アナウンスを行っておりました。





 幼い頃には阪急ブレーブスを応援し、仕事を始めてからはオリックス・ブルーウェーブの中継に携わり、近鉄バファローズの応援番組も担当していた私。野球の神様のお導きと人のご縁によって、統合された球団の場内アナウンスを担当することになり、5年目のシーズンとなりました。

 初代、先代と築き上げてきた場内の雰囲気を損ねることのないようにしつつ、「堀江らしい仕事」として皆さんに楽しんでもらえるよう、頑張りたいと思います。今後ともよろしくお願い致します。


 そして、先代といえば、オリックス球団だけではありません。近鉄球団の先代もまた、存在感の大きな方でした。

 大野博子さん。
私が記者の仕事で大阪ドームへ伺った際、いつもやさしい笑顔で対応して下さり、暑い時には「どうぞ」とリポーター席に冷たいお茶を差し入れて下さったのを、昨日のことのように思い出します。その大野さんが、先日、ガンでお亡くなりになったそうです。突然のことで、大変驚いております。

 あの、包容力のある大野さんの声は、記憶の中から消えることは決してないでしょう。心よりご冥福をお祈り致します。
posted by holyyell at 22:50| Comment(4) | お仕事がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

スポーツ新聞風に。

■党首討論1回戦 (民主1勝) 国会議事堂、曇、観衆10,000,000 ←推定

〈戦評〉
立ち上がりから抑えの利いた声でパワフルに攻めた民主のエース・由紀夫は、魔球「友愛」を多彩に繰り出して相手を翻弄。自民の主砲・太郎が“腸が捻れたような声”で苦し紛れに打ち返した球を冷静な一言であっさり片付けると、終始ペースを乱すことなく試合をリード。

一方の自民は、工夫のない攻めで得点を重ねられず防戦一方。味方の“ヤジ”も援護にはならず、初戦は虚しく敗戦を喫した。


▼ボイス・オブ・ザ・マッチ【=自民・太郎選手】
 (由紀夫選手との攻防でエキサイトし)「言葉というものは極めて大事にしなくちゃいかんと思いますんで」 ←あなたが言ってどうする。

▼ミスマッチ賞【=自民・太郎選手】
 「やっぱり、国民からして今、最大の関心事は西松(建設の違法献金)の問題だと思います。」 ←それは“あなた”の関心事。
posted by holyyell at 16:25| Comment(3) | 物思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

政界漢字検定

Q:何と読む?

 「新体制」

A:きゅうたいいぜん
posted by holyyell at 06:01| Comment(3) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

ノンフライト御礼

 新型インフルエンザが、水際をすっ飛ばし、市中で感染拡大の様相を呈しております。渡航歴のない高校生が感染したのが最初に報じられて「なぜ?」という思いが支配しましたが、これだけ広範囲に同時多発的に拡大しているということは、すでに市中に入り込んだウイルス保持者に渡航歴のない人が至近距離で感染され、それが広がった…と考えれば合点がいきます。しかし、こんな気温や湿度が高くなっていく時期にインフルエンザ?などと、疑問は次々と湧いてきますが、いずれにしても、早期の収束を祈りたいものです。

 一昨日行われた京セラドームでの試合から、バファローズでは「ドーム内でジェット風船を飛ばさないよう」お客様にお願いしております。飛沫感染のリスクを少しでも抑えようという試みですが、正直、関西人の日常のマナーの悪さに辟易としている私は、「これだけ訴えかけても、ラッキーセブンの時には1本や2本飛ばす者が出てくるかもしれないな」と思っていたのです。

 しかし、ふたを開けてみればパーフェクト!!(私の見た限りですが…)風船はひとつも上がりませんでした。

 バファローズファンの皆さん、ファイターズファンの皆さん、あなたたちはスバラシイ!!

 確かに、見えない恐怖に慄くのはまっぴら御免ということもあったでしょうが、「お互い様」の連帯感を感じたのは言うまでもありません。ありがたいことです。

 しばらくの間はフラストレーションが溜まるかもしれませんが、しっかりマスクをし、手洗い・うがいを欠かさないようにして、新型インフルエンザへの備えをなさって下さいね。
posted by holyyell at 23:32| Comment(3) | お仕事がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

気をつけろ!

女性とコッソリ温泉旅行なんかに出かけると、
「肺炎」になっちゃうゾ!


by よし君

↑しかも、何で入院やねん! わかりやすいの〜

posted by holyyell at 12:09| Comment(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

おもちゃのゴルフセットが…

nefuda.jpg


高すぎです!!

49万8980円って。





…あれ? 違うか。

498円と980円の商品があるわけですね。
値札の書き方、省略しすぎです!


あ〜ビックリした。
posted by holyyell at 06:08| Comment(4) | 気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

移動中のお楽しみ

090508_0839~001.jpg
 電車の中でのお楽しみは、音楽を聴きながら流れる景色を見たり、何かのカタログをパラパラめくったりすることなんです(最近はもっぱら寝ています)が、只今は時計のカタログを見ながら楽しんでおります。

 時計は、銘柄にこだわる人やフォルムにこだわる人など、それぞれですが、私はやはりフェイスが気になる人なんです。高い安いではなく、ブランドも関係なく、見ているだけで楽しい気持ちにさせてくれる“面構え”が好きだなぁ。これはやはり、常に長針や秒針を見ながら仕事をしている者のサガなのでしょう。

 パラパラめくっていて目に留まったのが、写真の時計。

 北欧・デンマークのブランド「noon」のもので、3枚の色ディスクで構成された文字盤の部分が、短針・長針と連動して少しずつ回転し、時間ごとにカラーのバランスが変化するというものです。時刻を見るたび違う表情に出会えるというのは楽しいですよね。

 …といいながら、「時間に縛られている気がする」という理由で普段は腕時計をしない私だったりします。←今までの盛り上がりは何だったんだよ。

 ちなみに、今、左の手首にあるのは、バファローズファンの方からいただいたリングです。チタンをゲルマニウムでコーティングしたチップがついていて、体の電子の流れを整えるんだそうです。
posted by holyyell at 09:10| Comment(2) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

不覚

 今年のゴールデンウィークが終わろうとしています。といっても、こんな稼業をしている私にとっては普段通りのスケジューリング。ありがたくお仕事をさせていただいておりました。

 が、普段通りでないことが発生…。

 この数日、ジツは風邪と闘っておりました。プロとしては不覚としか言いようのない話なのですが、春先からの疲れが溜まっていたのでしょう。違和感を抱えたままズルズルきていたところ、ついに爆発。

 その瞬間は、おととい夜のホークス戦、8回の裏に訪れました。フェルナンデス選手が放ったホームランに対して「マーベラス!」と叫んだところ、ヘリウムガス、吸いました?みたいな声が出てしまい、ノドを傷めました。そのあとは声のコントロールが乱れ、何とか試合を終えたものの、翌朝に備えて宿泊していた神戸市内のホテルで発熱…。正直、声が出なくなる恐怖におののいておりました。本番中に声が出なくなる経験をした事のある私は、そういうことにより敏感になってしまうのです。

 昨日は朝から何とか声は出て、今日の試合終了までどうにかこうにかお仕事は続けられましたが、実にヒヤヒヤものでした。声を出すときは、ノドのどの辺りに音が当たっているのかを感覚的に意識しながらコントロールするのですが、これが難しい。声が暴れてしまうのです。(解ります?)ピッチャーが変化球の制球に苦しむのに似ているかもしれません。

 ただ、どんなに厳しいコンディションでも仕事を成立させるのが私の使命。いくつかのクライアントの下でお仕事させていただいていますが、それぞれの現場では100%のポテンシャルを出すことが求められるわけで、そう考えると、プロとしては誠に申し訳なく思ってしまうのです。

 しばらくはおとなしく静養し、来週の6連戦でしっかり元気な声を届けられるよう頑張りますね。
posted by holyyell at 23:58| Comment(2) | お仕事がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする