2009年06月30日

とってもブルーな6月30日

 さっき、ラジオ報道のお仕事が終わりました。6月30日という日は、私がこの仕事をする上で最も忌み嫌う日です。


 理由はただ1つ。


 “数字がやたら出てくる日”だからです。


 この日が恒例となっている国会議員や地方議員、首長の資産・収入公開をはじめ、公務員へのボーナス支給や、完全失業率・有効求人倍率…とまぁ、数字だらけのソースが報道デスクの上を占領し、「これは何時に解禁」なんていう制約があったりするので、オンエアの計画が立てづらいこと立てづらいこと…。

 その上、東証が午前の取引で平均株価が一時1万円を回復したもんだから、「また数字かいっ!!」と。


 できるだけ、聴いてて解りやすいようにと、同じような傾向の(今日なら数字が主役の)ニュースは続けないよう心がけるのですが、今日ばかりはご勘弁下さいとばかりに大盤振る舞いしちゃいました。←表現が違うってば。


 この弱った脳にご褒美やりに帰ります〜(+_+)

posted by holyyell at 15:58| Comment(0) | お仕事がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

羨ましい低音の魅力

 先週末の楽天戦に、杜の都・仙台からご一行様が来場しました。

 その力強い声でイーグルスを鼓舞するKスタ宮城のアナウンサー・古田優児さんと、マスコットキャラクターのMr.カラスコ、それにこの春の久米島キャンプからチームに居ついてしまった“ゴーヤ”の3人です。

 今回は、カラスコの映画に関連した来阪だったそうですが、同期生の古田さんと久々にお会いできたのはうれしかったです。球団の統合・誕生元年にそれぞれスタジアムアナとして活動を始めた者どうしで、最初の年のオープン戦でお会いして以来の再会でした。


with furutasan

 試合前・試合中のさまざまな場面で絡ませてもらいましたが、低くて力強い、芯のあるエエ声ですよね。古田さん。私のような軽い声の持ち主にはうらやましい限りです。顔は整形できますが、ノドだけはその人固有の持ち物(=楽器のようなもの)ですから、変えるのは非常に難しいのです。経年変化や鍛え方、体型の変化などで、多少、声の質は変わってきます(私も歳を重ねて少しは低音が出るようになってきました)が、テナーサックスはどこまでいってもアルトサックスの音を出せないのですね。ある種、その声と一生お付き合いしなくてはならない宿命のようなものなんです。

 その声と大事に向き合いながら、明日からも仕事を進めてまいります。皆さんの印象に残る声を目指して…。


<追伸>
 バファローズのメルマガには、当日の様子などを盛り込んだ内容の記事が近々アップされます。(記事の執筆は当番制です。)まだ登録されていない方は、公式携帯サイトからご登録下さい。

posted by holyyell at 23:31| Comment(4) | お仕事がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

今年は“しそ”ですか。

 子どもが寝たあと、バファローズの場内演出を担当するジョニー氏から依頼のあったナレーションを仕事部屋で録音し、パイロット版をメールで送って一息…。

 今宵のお供は、近所のスーパーで見つけたこちら。


pepsi-shiso


 ペプシの「しそ」!?
そう、青じそのテイストがさわやかな、まさしく清涼飲料水です。(炭酸好きなのに制限の憂き目に遭っているジョニーさん、ごめんなさい。)

 おととしのこの時期に発売された、きゅうり風味の「キューカンバー」バージョンに衝撃を受けた私は、毎年、この時期限定で発売されるチャレンジャーな新しいテイストを楽しみにしているのですが、今年は“しそ”だそうで。

 発売元のサントリー食品のHPによると、「爽やかな香りとすっきりとした後味が特長の、しそ風味のコーラ飲料」とありますが、まさしくその通り。キャップをひねってグラスに注ぐと、青じその香りがやや強めに鼻腔を刺激し、口に含むとそのさわやかな風味がフワっと広がります。


 個人的には、ヒットのテイストです。今月23日から期間限定での発売。興味のある方はぜひどうぞ☆
posted by holyyell at 01:20| Comment(3) | モノ食う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

収録の合間のお楽しみ

スタジオに向かう途中にあるコンビニの店頭でみつけたお菓子。
その名も…


kegani-chips

「毛がにちっぷす」!?

これまでいろんなチップスをみましたが、“毛ガニ”って、あなた。

カニのすり身を揚げたものなんだろうか?
カニの身がそのまま練りこまれているのだろうか?

いろんなことか頭に浮かびながらも、お値段250円の商品です。
雰囲気だけでも楽しめれば…という気持ちでお買い上げ。

これ、北海道は網走にあるロマンス製菓さんの商品です。
カップのふたを開ければ、かぐわしいスナック菓子の香り。
形状は、チップスといってもポテトチップスのそれではなく、
どちらかというと、東南アジアの名物「えびせん」のような感じ。
一口含むと、やはりそれらしい風味が口の中に広がります。
原材料をみると、毛ガニは“パウダー”で参加していて、
スケソウダラのすり身やエビの方が順番が早い。(^^;)

でも、ビールは進む味だと思うし、
しばらく食べていると、何となく口の中が
だんだん「毛ガニ?」っていう感覚に支配されていきます。
話のネタに、ビールのお供に、北海道限定商品…と思えば、
なかなか良いお買い物だと思います。

posted by holyyell at 10:30| Comment(4) | モノ食う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

ささやかなリフレ


maishima090618


 時間が空いたので、たまにはリフレッシュしようと、車を走らせて海を目指しました。といっても、たどりつくのは大阪湾なんですけれど。


 お気に入りのこの場所には、平日の昼間ということもあって人はほとんどおらず、鳥のさえずりと風の音だけが耳に届きます。

 涼しげな海からの風にやさしく撫でられ、少しバイタルのメーターが上がったような気がします。


 この瞬間が本当に至福です。

posted by holyyell at 12:35| Comment(2) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

生徒さんは元リスナーさん

 今年も女子高での講師活動を行っております。
「コミュニケーション講座」と題された特別講座は、入学してまもない1年生を対象にしたもので、情操教育の一環としてこれからの毎日に活かせるヒントを…とご依頼いただき、2000年から実施しております。

 はや10年目に入ったわけですが、今回初めて、提出された宿題のプリントに「バファローズナイターをされていましたよね。いつも聴いていました」と鉛筆書きされたものが1枚入っていました。

 バファローズナイターといえば、担当していた「近鉄バファローズナイター(ラジオ大阪)」は2004年に終了していますので、この生徒さんは小学生の時に聴いてくれていたことになります。おそらく野球好きの親御さんと一緒に…。

 私の名前と簡単な紹介文だけでピンときたというのであれば、ちゃんと気にかけて覚えていてくれたということになるわけで、しゃべり手冥利に尽きますよね。何だか、“カムバック・サーモン”のフレーズが頭をよぎりました。


 まっすぐ、素直に育っていって下さいね。



 ところで、今日は3コマ(1時限=50分)の授業を担当したのですが、学校の先生というお仕事は体力勝負だなぁと改めて実感。しゃべるのは結構、体力要るんですよね。これが小学校の先生ともなると、6時間ずっと授業しているわけですから、長時間の生ワイドのトーク番組を毎日担当されているのと同じなんでしょう。頭が下がります。
posted by holyyell at 23:38| Comment(0) | お仕事がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

総理大臣杯サッカー大会

■大会規定
  バット使用可。←野球かいっ!!


<解説>
 東京都議選を控えた都内での街頭演説で、W杯出場一番乗りを果たしたサッカー日本代表を讃えたのは良かったものの、途中で競技を「野球」と勘違いし、対戦相手をカザフスタンに変えてしまうミラクル技を連発。説得力も何も…。
posted by holyyell at 13:30| Comment(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

レスラー御用達?

新聞の折り込み広告に入っていたラーメン店のクーポンペーパーに…

ad090605.jpg



「自家製始めました」って…

どんなお面を作り始めたのだろう?
posted by holyyell at 22:30| Comment(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

我も人の子

「試合の後半、怒りながらコールしてた?」


試合を観ていた知り合いから届いたメールに、


正解。


6回2失点、90球にわずかに満たないピッチャーを降板させて逆転を許してしまったことや、もっと丁寧に攻撃していれば追加点はまだまだ取れたであろうということへの苛立ちが表に出て、私のことをよく知る人にはちゃんと判ってしまったわけで。


まだまだ未熟にございます。


プロは感情に流されない…というのが理想なのですが、なかなかそうはいきませんね。



シーズン144試合分の1。しかし、お客さまによっては1分の1という観戦機会の方もいらっしゃると思うと、本当に申し訳なく思うのです。


悔しい思いをしているのはお客さまだけでなく、応援の気持ちを抱きながら仕事に携わっているスタッフも同じです。もちろん選手も。


明日はいい試合になりますように。

posted by holyyell at 22:39| Comment(3) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする