2010年01月29日

週1回、刻んで700回

 レギュラーのお仕事としては、現在、最長不倒となっているのが、J:COM 京都みやびじょんの番組「みやびじょんワイド」。

 ケーブルテレビの地域情報番組としてスタートしたのが、開局した1996年の4月ですから、この春で丸14年。今日の収録で700回の節目を迎えました。
 番組では、地元の産婦人科で生まれた赤ちゃんを映像でご紹介する「こんにちは赤ちゃん」のコーナーが人気なのですが、開始当初に生まれた赤ちゃんも、今では立派な中学生。…歳とりますよね。


 こちらは開始当初の私。

100129-96


 そして、こちらは最近の私。

100129-07

  ↑ いやー、もうすっかり成長してますよね、アゴのラインが。(笑)

 人間の中身がどれだけ成長しているかは別として、番組は有形・無形の財産を私に与えてくれました。それを栄養にして今の私があるわけですから、これからはよりお役に立てるような、よりホッとするような、そんな番組にしていけるように頑張っていこうと思います。
 ひとまず、1000回はやりたいなぁ〜。そうしたら、初期の頃の「こんにちは赤ちゃん」登場メンバーが成人するわけですし。

 14年もやっていると、いろんな成長に接することができます。みやびじょんがこれまで開催してきた「少年野球大会」や「少年サッカー大会」では、出場した選手(当時は小学生)が大きな舞台に向かっています。野球では、去年の夏の甲子園に福岡工大付属高校から出場した國枝頌平くん(この春から法政大学)がいますし、サッカーでは、ガンバ大阪の宇佐美貴史くんや京都サンガFCの宮吉拓実くん(私の中では、今でも“くん”なのです)がそうです。これからもまだまだ出てくるかもしれません。楽しみです。

 私のとりあえずの目標は、“大きくなった人たち”とスタジオで一緒におしゃべりしたい…ということです。
posted by holyyell at 23:57| Comment(3) | お仕事がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

マリちゃんのウェディング

 仕事仲間のマリちゃんが結婚するというので、お祝い方々、披露宴の司会を務めさせていただきました。

 はい。
お仕事のメニューに「披露宴の司会」は入っていない私なのですが、オリックス・バファローズのスタジアムウェディングと、友人・知人から依頼のあったものはお受けしています。


 本日の宴は…
結婚のお相手が球界の方ということもあって、業界関係者+球界関係者の来賓が多く、知り合いが数々出席した中で行う司会に、私はいささか緊張気味でしたが、新郎新婦のお二人やご家族に喜んでいただけ、新婦のお姉さまからはハグのごほうびまでいただいて「あー良かったなぁ。」と、胸を撫で下ろした次第。

 それにしても、ご来賓のスピーチは素晴らしかったです。中でも、彼女が仕事でお世話になっているプロデューサーの女性は、エピソードを交えながら彼女の人となりを巧く浮かび上がらせ、“さすが”と言わしめるものでしたし、新郎・新婦のご友人の言葉には、愛情の感じられるものがいっぱい詰まっていました。


 一生モノのライブ感。
こちらも、そうした皆さんの思いにお応えできるよう当意即妙なものを…と思いながら格闘していましたが、ご列席の皆さんにはどう映っていたのでしょうか。

 とにもかくにも、賑やかで、集まった皆さんがその場を楽しんでいた…という披露宴。その輪に加わらせていただいて、感謝です。

 幾久しく、お幸せにー☆
posted by holyyell at 00:58| Comment(2) | ニコりん坊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

これは冒険的

(編注:今日は南港菓子博の開催日ではありません。)


 「くっちゃらハピハピ…」の森永ハイチュウ。


20100122hichu

 “いちご大福”味です!!!

 イチゴ味は美味しくて大好きですが、大福ですか? これは何とアドベンチャーな商品です。しかし、そのチャレンジャー精神に、お菓子好きのハートはくすぐられるのです。

 なので、食べてみました。



 …!!!




 ひと噛みした瞬間にひろがる、あんこの風味。確かに“イチゴ大福”です。原材料には「あずきエキス」の記述も…。

 しかし、そのあとはオーソドックスなイチゴの味になり、安心感も与えてくれるひと粒。

 ファンの思いを大切にしつつ、期待感も裏切らない、よくできたプロダクツ。さすがでした。
posted by holyyell at 00:21| Comment(2) | モノ食う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

スケールの小さいヤツ

 ほぼ満員の通勤電車で聴こえてくるシャカシャカ音。
ヘッドフォンステレオの“音漏れ”にしては、「ダダ漏れやろ。」とツッコミを入れたくなるほどの音量。

 しかも…
センスのいいセレクトならまだしも、朝からダル〜いヒップホップ。

 それはないやろ、普通。
こっちのヤル気まで奪われてしまいそうだ。聴いている本人は音の世界に入り込んで気持ちよいのだろうが、聴かされている方は、考え事をしようにも気が散って仕方ない。打ち消すために自分のヘッドフォンステレオで音楽を聴こうと思っても、カバンの中で取り出せないし…。あ〜最悪だー。


 以前なら、
本人のイヤフォンを外して「音、漏れてますわ」と、実力行使をしていた私も、さすがに歳を重ねて丸くなったのか、「言ってもキリがない」と諦めの境地に入ったのか、そんなことはどうでもよくなってしまったのか、やり過ごすようになってきた。まぁ、通勤電車の中で数メートルも離れた相手に実力行使なんてできないのもあるし。
 念力が通用するなら、そのヒップホップを「お経」に変えてやるんだけれど(笑)

 こんなふうに思うようになったのは、ひとえに“怒り”の気持ちが自分の中で先鋭的なものでなくなってきたことに由来するのだろう。

 もはや、そういう人に対しては…
「そんな音に満足しているスケールの小さい人」と思うようになっている。


 似たような事例では
マフラーを改造したバイクや車で市街地を走り回るヤツとかも、そう。
音はうるさいくらいに大きいけれど「スケールちっちぇ〜」って感じ。

 怒りはエネルギーになるっというけれど、ムダに消耗もするし、精神衛生上よくないよね。
posted by holyyell at 08:46| Comment(2) | 物思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

さわやかな甘さの魅力

本日は「カルピスマシュマロ」と「Fruit Starter」


100121kashihaku

 Shiho隊員のセレクト「カルピスマシュマロ」は、ふわふわのまっ白なマシュマロの中に、カルピステイストのペーストが包み込まれているもので、口溶けの際に、さわやかな甘みのあるカルピスの風味が広がります。
 周りのスタッフにもファンがいて、「食べ出したら止まらなくて、一日でひと袋なくなってしまう」というキケンな話も…。

 一方、隊長セレクトの「Fruit Starter」は、リンゴなどのドライフルーツをしっとり仕立てて一口サイズに固めたもの。ソフトな装いが“生のもの”を食べたような満足感を誘います。
 2粒食べれば1日分のビタミンCが摂取できるという説明がパッケージにプリントされ、朝向きのサプリメント的な感じですが、封を開けただけで果実の甘い香りが漂い、なるほど、食べるとギュッと詰まった元気の源が一気に口の中にほどけていく感じ。とても濃厚なイメージです。
posted by holyyell at 15:53| Comment(3) | 菓子博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

ビミョーに…

バンクーバー五輪

ハンバーガー五輪



ガンバロー

バンガロー



○○駅下車 徒歩5分

○○駅下車 徒然5分


…似てる?


↑通勤の車内では、こんな実のないことをよく思い浮かべている私。


posted by holyyell at 07:03| Comment(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

ん〜刺激的☆

 フレーバーってすごいなぁと思わせた一品。


20100119chocosoda

 サントリーが今日発売したドリンク 「チョコレートスパークリング」。

 コピーは「ソーダとチョコレートの新しい出会い」だそうです。

 ボトルの栓を開けた途端に漂うカカオの香り…。冷たい炭酸飲料にこれだけの香りづけをしようと思ったら相当大変なのではないかと思わずにはいられません。

 そして、口に含むと微炭酸の発泡とともにチョコの甘い風味がいっぱいに広がります。

 でも、チョコレートは原料に使われていないのです。あくまで“香料”のみ。

 これを飲みながら「あー、バレンタインのシーズンだからか」と納得。工場生産の飲み物ですが、季節感もバッチリでした。


 これを持ってきてくれたのは、朝番組のディレクター・せっきー。

20100119sekkie

 …毎朝お疲れさま☆
posted by holyyell at 15:35| Comment(0) | モノ食う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

公式、不成立です。

マネーロンダリング(複数の団体を経由した金の流れ) × 税金のキックバック(成功報酬としての献金) = 民主主義社会の構築


…そんな公式がまかり通るとでも思っているのだろうか。

どうぞ、しっかり戦ってごらんなさい。

民主主義の“主人公”は、あなた方がやればやるほど冷めますから。





↑ 先のゼネコン献金裁判でも明らかになったが、やることが素人並みであからさますぎ。「献金の割り振り表」とか、金の流れが判ってしまうような書類は残さないってぇの。普通は。

 国民生活を守ることは喫緊の課題で、いよいよ始まる通常国会では多岐にわたる「待ったなし」の事柄をキッチリ決めてゆかねばならないのに、この問題が横たわっている以上、各論の審議は「政治と金」をテーマにした空しい応酬に時間を割かれることは間違いない。そうなれば、せっかく政権交代しても国民の政治不信はますます増大するばかり。
 そういう意味でも、渦中の本人は公の場で納得いく説明をすべきだったのに、「逃げる・怒る・はぐらかす」…では、疑念は確信として我々の中に刷り込まれるだけだ。まぁ、親分の亡霊を背負って生きている方なので仕方ないといえばそれまでだけれど。
 また、与党・民主党も、内側からもっと大きな声が出てきてもいいはずなのに、反応は弱い。


「結局、民主党も与党になったら同じよね」

と言われないよう、しっかりと自浄機能があることを示し、本当の意味で

「民主党政権になって、この国、変わったよねー」

と言われるよう努めてもらわなければ、我々国民が報われない。


 やれやれ…。
posted by holyyell at 22:21| Comment(0) | オコりん坊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

唾液あふるる酸味かな

 ↑ 何と美しくない七五調。(苦笑)


 南港菓子博、本日は素晴らしいコンビネーションが見られました。
隊長・隊員とも“酸っぱい系”のチョイス。


20100114kashihaku


 Shiho隊員は「カルビーポテトチップス・ゆず塩」、隊長である私は「うめぼしグミ」。
…思わず耳の下あたりがキューンとなりそうです。

 「ポテトチップス・ゆず塩」は、高知県の有名ブランド“馬路村のゆず”を使用したというテイスト。塩味にほんのりゆずの風味がプラスされ、さわやかさ溢れる感じに仕上がっています。昆布だしの隠し味が絶妙で、アッという間にひと袋制覇してしまいそうです。これは、カルビー・ポテトチップスの“PARIPARI VARIATION”シリーズのひとつで、「定番とは違う、ちょっと上質な大人向け」に、様々な味が毎月登場するコンビニ限定の商品です。

 そして、「うめぼしグミ」はJA紀南とのコラボで作られた商品。和歌山県産の紀州梅エキスを使用しているそうです。勧められた人は一瞬たじろぎましたが、見た目は梅干の自然な色をイメージしていて、表面に酸っぱいパウダーが施されているものの、噛んでみると甘酸っぱい味で、あと味スッキリ! 個人的には「当たり」です。

 隊員は「2週続けて“ポテトスナック”なので、次は傾向を変えようと思います」とのこと。来週をお楽しみにー☆
posted by holyyell at 15:07| Comment(0) | 菓子博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

成人式

 FM COCOLOで仕事をしていたら、入居しているWTCの1階にある広場で、住之江区の成人式が行われているのが目に入った。

 晴れ着姿の新成人たち、若いねー。

 そういえば…
私が成人式を迎えたのは、彼らが生まれた頃になるわけだから、もう、ダブルスコアかぁ。歳とったなぁ。

 自らの成人式には、バイト先で仕事をしていて行かなかった私。

 …だから、いまだに成人していない気がするのか。
posted by holyyell at 23:00| Comment(0) | 物思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

七福神?

 年末年始、2週分の「南港菓子博リポート」です。
まず、暮れも押し迫った12月31日・大晦日の菓子博は、Shiho隊員の「お正月の雰囲気満載セット」と、私の「スウェーデンつながり・IKEAの板チョコ」というラインナップでした。


091231kashihaku

 隊員セレクトのひとつめは、日本のお正月を意識した“和”のテイスト、吹寄せ(写真中央)です。「カリッ」とした歯ざわりと、ショウガなどの香りがほのかに漂う上品な作り。いいですね☆

 一方、私は、前週の菓子博で隊員がクリスマスを意識して持ち込んだスウェーデンのジンジャークッキーを受けて、スウェーデンつながり。「IKEA FOOD」のアイテムを持参しました。(写真左) IKEAって、北欧家具や雑貨のお店というイメージですが、食品部門もあって、名物のミートボールやジャム、それにチョコレートやジュースなど、なかなか秀逸な味わいのものが多かったりします。
そんな中から、カシューナッツ入りのチョコレート。ゴールドのパッケがおめでたいでしょ。隊員はガッツリ食べてくれたかなぁ?

 次に、隊員セレクトのふたつめ。


shichifukujin

これは、七福神のプリントされた個包装にチョコレートボールが入ったアイテム。10個入っています。ということは、重なって入っている神様もいるのね〜♪
えーっと…、左の上から見ていこう。寿老人・布袋・恵比須・大黒天・毘沙門天。おぉ、ありがたやー。
で、下の段は…布袋・毘沙門天・寿老人・恵比須・弁財天…

…。

あれ?


何か足らんぞ。


えーっと…


あ! 福禄寿がおらん! (>_<)


→ふくろくじゅ【福禄寿】
  七福神のひとつ。短身・長頭の老人で、ひげが長い。経巻を結びつけた杖を持ち、鶴を従える。福と俸禄と長寿の三徳をそなえるとされる。


…らしい。
「福と俸禄と長寿」って、大事やん! 隊員ーーーっ!! 何とかならんかーーー? トレードとか。 ←どこの誰とやねん!




 ♪タン、タタタタタタタン〜 タン、タタタタタタ、タン〜 フゥオ〜〜〜 (←春の海。…無理がありすぎる。)


20100107kashihaku

 あけまして、正月7日。新年1回目の菓子博は…
隊長セレクトが新年を寿ぐセット!「甘エビ焼(おせんべい)」と「おひや」。
芝えびなどを使ったせんべいは数あれど、これは、甘エビを贅沢に(60%)使ったもので、開封するやいなや、磯の香が一気に周辺へ広がるほどのもの。もちろん、ひとかじりしただけで口の中に芳醇なエビの風味が広がります。…う〜ん、幸せ。

 加えて、「おひや」。
これは、広島県呉市にあるお味噌の会社が出しているご当地のヒット商品で、甘酒なんだけれどノンアルコール。甘酒の舌触りはそのままに、決して酔わないという不思議な飲み物です。発酵食品の良さを十二分に味わえる逸品です。

 一方、Shiho隊員のセレクトは「ポテロング 〜戦国風わさび味」
エッジの効いたわさびパウダーが口の中に突き刺さってくる感覚。まさに“戦国風”です。しかーし、持ち込んだ隊員は辛い物が苦手〜!! ←って何でやねん!!



 …刺激たっぷりの新年菓子博でした。今年もよろしくお願い致します☆
posted by holyyell at 23:55| Comment(0) | 菓子博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

さっちゃんとの再会

 午前中にみやびじょんの収録が終わったあと、夜に行われる新年会まで時間が空いたので、毎年恒例の「車折さん詣で」(←芸事の神様を祭る車折神社@京都市右京区)と、なかなか会えずにいた大切な友達との再会を果たしました。その友人とは、以前のブログにも書いた“さっちゃん”。

 去年の夏に第2子を出産し、今は仕事をしながら子育て奮闘中の彼女。「一生のうちでなかなかできないことだから」と、今、その瞬間の子育てを大切にしている彼女。愛情たっぷり注がれて子どもは幸せだろうなと思います。

 二十歳そこそこの時からの付き合いで、あの頃にはまさかこうしてさっちゃんの子を抱っこするなんて想像もしていなかったなぁと思うと、人の縁(えにし)の大切さをしみじみ感じます。

 そんなさっちゃんは、おしゃべりの仕事も頑張っているのですが、それ以外にも「雑貨の作家」としても活動しています。(今はちょっとお休み中)
 子どもが生まれてからというもの、作品づくりにもそれまでになかった視点やエッセンスが加わるようになったと話す彼女のプロダクツは、ほのぼのあったかみがあります。


sachikobook

 読み聞かせCDつきの絵本「ハリネズミCHOUCHOUの魔法のCAKE屋さん」も自費で出していて、これがなかなか面白く、興味のある方はこちらのサイトを覗いて見て下さい。(京都・四条河原町にある京都高島屋の書籍売り場・大垣書店でも取り扱っているようです)


 「豆大福」と「煎茶」をいただきながら、昔の話や最近の話を笑いながら交わす時間はとても楽しく、私たちもそれなりに歳を重ねてきたんだなということをしみじみ噛み締めた昼下がりでした。

 それにしても、私の周りは才能に溢れた人たちでいっぱいだ。…うらやましい。
posted by holyyell at 23:57| Comment(0) | ニコりん坊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

新幹線、かく語りき

2歳の幼児が愛用しているオモチャの新幹線。

toy-shinkansen

ボタンを押すと、メロディやアナウンスが鳴り、

ヘッドライトがピカピカ光る。

私たちが子どもの頃には、こういうモノは高嶺の花だった。

容貌も愛らしい。





しかし…

夜になると、彼はその愛らしさを一変させ、

私ら夫婦に、ある種の恐怖を与えるのだ。


それは…

何の前触れもなく、

「閉まるドアに、ご注意下さい」としゃべりだし、

ゴーゴーゴーという走行音がそれにつづいて鳴り響くのだ。

ボタンも押していないのに。



みんなが寝静まったあと、

トイレに行こうとリビングの横を通った時に

暗闇となったリビングの片隅で

突然、ヘッドライトがピカピカ光り、

「閉まるドアに、ご注意下さい」




ギャーーーーーーーッ!!



びっくりした。

思わずチビりそうになった40歳の私。
posted by holyyell at 06:05| Comment(3) | 気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

大まじめな、ボケ

 けさ、局へ出勤し、報道デスクで仕事を始めようとした私の目を釘付けにした1枚の原稿。アメリカの中西部で小型の貨物機が墜落したニュースを報じたものですが…



100106_0707~001.jpg

 原稿 by 某通信社。
そして赤ペンの文字は、朝番組のパーソナリティを務める三上公也さんのツッコミ。


 …おっしゃる通り。
posted by holyyell at 08:22| Comment(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

謹賀新年。寅年元旦

 2010年。
あけましておめでとうございます☆

 私にとっては「大厄」の年が始まりました。
…とはいえ、イヤなイメージで捉えていると、それに引き摺られるくらい“厄”というのは力強いものだ…と聞いたことがあります。なので、あくまでポジティブに。

 “厄”は古来、“役”に通じるとも言われています。そんなわけで、今年はより皆様の“お役”に立てるような仕事をして、“厄”を追い祓いたい。などと、私・堀江は思っております。

 厄年はいろんな節目にあたるため、気を緩めず、体調に留意して…などと言われますが、これは、危なげないパターン。守りの姿勢ですね。
 でもその逆に、大きなコトを成し遂げて(成し遂げるパワーでもって)厄を祓うという話もあり、私はむしろ、そういう攻めの姿勢の方が大切かなと思うのです。


 今年は、何かが変わる。何かが動く…。

 おめでたいときにそんなことを考えると、同じ“変わる”のでも、いい風に変わりそうな気がするでしょ? そうなんです。何事も気持ちの向け方が大事。

 さぁ、今年も頑張って完走しましょう☆



 どうぞ懲りずにお付き合い下さいませ。
posted by holyyell at 08:00| Comment(4) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする