2012年08月31日

炭酸飲料とリアリティ

 久々のお菓子リポートです。きょうは“炭酸飲料”。

120830-d.jpg

 サッポロ飲料が発売している、ゼロカロリーのラインナップ。「ZeroSparkling グレープフルーツ」 です。果汁が入ってゼロカロリー…というのがウリで、さっぱり系の味が夏のこの時期にはうれしいですね。確かにゼロカロリー特有の、甘味料の余韻が舌に残る感じはありますが、気にならないくらい “果汁感” の部分で頑張ってくれています。

 大したもんだなぁ。と、感心しながらパッケージの裏面にプリントされている原材料の一覧を見ると…

120830-p.jpg

 中央やや上、酸味料の右隣に “苦味料” の文字が。


 に、苦味料!?

 調べてみると、グレープフルーツなどの果皮や果汁などから抽出、分離されてできるものがあり、ナチンジンと呼ばれるそれは、かんきつ類の苦味成分として表現されるのに用いられるようです。

 食品添加物には、いろんなものがあるんだなぁ〜と、感心しきりの夏の終わりでした。←何だか自由研究のような感じ。(^^;)

posted by holyyell at 00:05| Comment(0) | 菓子博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

山と川と休日と。

 友人家族と日程を合わせて、ささやかな夏休みの旅行は、京都・南丹の美山へ。

 近畿北部の清流・由良川の上流域にあたるこの里は、自然豊かで色美しく、空気も水も澄んでいました。

120822yura-r1.jpg

 チビを連れ出し、お父さんは川遊び。

120822yura-r2.jpg

 写真の中央にいるのは、ヨシノボリです。渓流に棲むさまざまな魚の稚魚や、水生生物がいろいろいて、童心に帰る私。そして、川の生物の達人である友人はみごとに 「イモリ」 をゲット。…私はもっぱら 「オタマジャクシ」。(^^;)

 で、どんなものが川に住んでいるのかを子供たちにも判りやすく見せようと、友人が用意した白いバケツの中には、こんな世界が広がっていたのでした☆

120822-yura-r3.jpg

 そのあとは、チビを浮き輪につかまらせてひと泳ぎ。プロフィールの趣味の欄に “水遊び” とあるのは、こういうことです。きれいな川で泳ぐの、とっても好きです☆ 幸せな時間でした。


 一方、ヨメどうしは、同じ時間帯にこんな景色の中を歩いていたのだそうです。

120822-yura-r4.jpg

 リピーター宣言したくなるような、とっても素晴らしい場所でした。

 車で10分少々走ると…

120822-yura-r6.jpg

 かやぶきのお家の集落があって、日本の山里の風景が心落ち着かせてくれます。

120822-yura-r5.jpg

 レトロな郵便ポストも健在☆

120822-yura-r7.jpg

 鹿肉のお重も、歯ごたえがあっておいしかったです。(^^)

posted by holyyell at 01:07| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

プチ避暑

 夏のお休み。
あんまり暑い日が続いているので、チビと友人の子を連れて 「六甲山」 へ。目的地は、標高およそ850mに位置する六甲山カンツリーハウスの周辺。市街地に比べて気温が5〜6℃低いと言われていますが、今日は風もあって体感的には25℃くらいかなぁ。…とっても爽やかで、心地よい時間でした。

120807-rokko1.jpg

 鳴いているセミも、都心でヒステリックに合唱する 「クマゼミ」 なんかではなく、情緒あふれる 「ヒグラシ」。 こんな音なら、毎日朝から聴いてもいいくらい。どんどん鳴いて〜って感じです。

120807-rokko2.jpg

 時折、雲が広がって雨がパラつくこともありましたが、それも気温を下げるのにひと役買いました。そんな 「六甲山カンツリーハウス」 では、来月2日まで “真夏の雪まつり” を開催中。←冬場に人工スキー場を営業している強み☆ ゲレンデを下った一角に雪の広場を作り、戯れて涼を取ってもらおうという趣旨で、時間によっては子供たちを対象に宝探しゲームも開催しています。

 私もチビと一緒に 「ナンバリングされたスーパーボール」 というお宝を掘り当てましたが、引き換えたのが、こちら。

120807-ticket.jpg

 神戸・ハーバーランドにある温泉施設の優待券 (こどもの招待券つき)。はい。氷の中から温泉を掘り当てた気分です。(^^;)

 チビたちは、このほか園内でゴーカートに乗ったり、そりすべり、ペダルボート、トランポリン…と、さまざまな遊びで夏の一日を満喫しましたが、帰り際にチビに 「今日一番楽しかったのは何?」 と訊いたら、帰ってきた答えが…

 「コイのえさやり。」

 おジイかっ!!


 夕方まで遊んだあとは、車ですぐのところにある 「六甲ガーデンテラス」 へ。
展望施設やおみやげ物のショップ、飲食店などがおしゃれにまとまった “山の上のお庭” って感じ。中でも、前から来たかったのが、おととしの夏にオープンした自然体感展望台 「六甲枝垂れ」 です。

120807-sidare1.jpg

 全体を覆うヒノキのフレームや、六甲の花崗岩をベースにした外観。
それに、ただの展望台ではないのが、六甲の気候を生かした “エネルギーの循環” を感じられるしくみです。

120807-sidare2.jpg

 冬の間、気温が氷点下になるのを利用してここに氷を作り、それを切り出して、建物の中にある “氷室” に収めます。そして、夏になるとその扉を開放し、中に風を通すことで、外気温よりも低い風が建物の中をくぐりぬけて外へ出るという、“呼吸” を感じさせる造り。

120807-sidare3.jpg

 スタイリッシュさを感じさせつつも、落ち着きのあるデザイン。
もう20年若かったら、デートスポットに使えるよね。と、ヨメと談笑しながら降りてきたのでありました。


 そして、車でおよそ2時間のんびり走り、我が家へ帰った私。
この、街なかのウダウダ感に、山へ舞い戻りたい気持ちでいっぱいになったのは、言うまでもありません。

posted by holyyell at 00:52| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする