2014年01月24日

縁薄き、手袋なり

image.jpg

  この冬、3つめとなる手袋を買いました。
…これまであんまり手袋をする習慣がなかったせいか、どこかでなくしております。最初のは、買って3日目に行方がわからなくなり、2つめは、電車の中で外して持ったまま居眠りし、落としたのに気づかないまま下車していたようです。

  そして、必要なタイミングで手元にないというハメになった手袋。(ーー;)

  そこで、不注意者の私でも安心して持てるよう、廉価なモノをチョイス。
  モンベルのグローブです。アクリル+コットンという組み合わせ。自転車に乗る時などに気軽に使えます。


  そして、この冬4つめ。

image.jpg

  もうなくした…というわけではありません。

転ばぬ先の杖。という意味と、屋外での仕事用に。
こちらは、ウールの素材。まだまだ寒いですから、活躍してくれそうです。

  でも、手袋のお買い求めは、これにて終わりにしたく思います。(^^)

posted by holyyell at 02:04| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

親の美学

 子供を連れて映画館へ行った時のこと。

 200席くらいのそのシアターでは、子供向けの作品が上映されることもあって、観客の半数以上が子供という状況でした。また、数十人という単位のグループ (同じ学校か子供会か…) が中に入っていました。


 集団は、自分たち “以外” への視野 (配慮) がなくなりがちです。


 そのグループは、ポップコーンや飲み物などを一括で準備していたようですが、本編が始まる直前まで 「○○さん、ポップコーンもらった?」 「まだー」 とか、「××さん、まだ来てないみたいー」 なんていう会話が飛び交い、落ち着いて予告編を観せてくれません。


 幸い、本編中は映画鑑賞の雰囲気を損ねることなく経過しましたが、問題はエンドロールのタイミング。


 その集団、何と、会話をしながら一斉に退出したんです。


 キャストやスタッフの名前が延々と繰り上がっていくのは、子供にとって退屈なものでしょうから、早く出たいのは解りますが、最後まで鑑賞している客がいることへの配慮はまったくなし。

 おまけに、床に何か落し物をした家族がいたようで、携帯型のサーチライトを照らして探し出す始末…。


 さすがの私も、その人たちが通り過ぎる際に 「静かに出ろよ!」 と声を発してしまいました。



 例えば、幼い子が、本編中に声を発してしまうことはあります。が、それはシーンの切り替わりだったり、登場人物の言動に対する素直な反応であり、私は、そういうことに目くじらは立てません。社会性が育っていない子に、それをいっても仕方がないからです。むしろ、親の対応が重要です。しかし、ノーケアな親が多いこと…。


 映画館はプライベートなスペースではありません。他の観客も、同じようにお金を払ってその作品を観に来ているのです。その人たちの “映画鑑賞の時間” を損ねる権利は、誰にもありません。


 しかし、その親が、パブリックな場でさっきのような行動を取っていると、それを見た子供はどう育つでしょうか?

 今の、オカンらの行動は、「アリ」 なんだな。って思うでしょう。


 それが、私には許せないんです。



 「イマドキの若いもんは…」
とよく言いますが、その若者を育てている親世代がコレだもの。アカンでしょ。


 「人さまに対してみっともないことをしない」 という、
背中を見せる、親としての美学はないのか?と問いたかったです。

posted by holyyell at 16:39| Comment(3) | 物思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

大阪空港にて。

 友人の家族とともに、恒例のお詣りを済ませ、たどり着いた場所はこちら。

140112itami-1.jpg

 大阪(伊丹)空港です。

 ジャンボジェット機を見に行きました。大阪空港では2006年4月以降、航空機の騒音規制により、3基以上のエンジンを積んだ航空機(ジャンボ機)は運航されていませんでしたが、全日空がこの3月末で、保有しているボーイング747型機の最後の3機を退役させ、日本の空から姿を消すことになったことから、かつて就航していた大阪空港にも最後のフライトで立ち寄ったのです。ちなみに、今回飛んできたのは「JA8961」の機体でした。

 ボーイング747は、大阪万博が開催された1970年の4月に日本の空にデビューし、以来、大勢の乗客を乗せて飛び続けてきました。4基のエンジンによるパワフルな飛行と、優雅なフォルム。2階建ての機体は存在感がありましたね。私も一度だけ、2階席に座って移動したことがありますが、何だか嬉しかったのを記憶しています。

 そんな747の里帰りツアー。普段は離着陸できない大阪空港にも訪れ、その姿を見られるラストチャンスということで、早朝から多くの人が訪れたようです。私は友人家族と最後の離陸を見ようと、極寒の中、スカイデッキで1時間半待ちましたが、隣りにいた大学生の男の子は、何と、最初に着陸した夜明けごろの時刻から同じ場所で居続けていたんだそうです。

 それくらい、飛行機ファンにはこたえられない一瞬。

 私はipadのカメラで撮影していましたが、まわりは “筒” のような望遠レンズを装着したカメラがいっぱい。人々の熱も感じながら過ごした夕暮れでした。

140112itami-2.jpg

 午後6時45分。
派手なエンジン音をとどろかせながら滑走路をぐいぐい走り、フワッと目前で舞い上がった747は、名残惜しそうに旋回しながら闇に消えていったのでした。


posted by holyyell at 02:10| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月11日

毎年の決まりごと

 みやびじょんワイド (J:COM京都) の今年最初の収録日。
最寄りのJR太秦駅周辺は、日陰の線路がごらんの通りに…。

140110-1.jpg

 京都の底冷え、極まれり。ですね。
寒中お見舞い申し上げます。


 そんな中、番組の収録を終えた私は、こちらへお詣りに…。

140110-2.jpg

 そう。芸能の神様を祀っているとして知られる、「車折神社」(くるまざき・じんじゃ=京都市右京区) です。みやびじょんワイドを担当するようになってから、毎年、最初の収録が終わった後は必ずお詣りするという、私の中でのきまりごとです。

 そして、今年は初めておみくじで

140110-3.jpg

 大吉をいただきましたっ☆


 神様のお告げ、ありがたく信じましょう。私の名前は、良いことを信じると書いて 「良信」 ですから。(^^)

posted by holyyell at 02:16| Comment(0) | みやびじょんワイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

しげさんとデート

image.jpg

  こちらの男性は、幸池重季さん。
イラストレーターです。プロ野球 オリックス・バファローズのマスコット 「バファローブル」 くんや 「バファローベル」ちゃんの生みの親です。

  今日は、定例の近況報告会。
仕事以外にプライベートなお話もいっぱい交わしてきました。なんてったって、フリーで活動する “同志” ですから。(^^)

  しげさんは、昨シーズンで “声の主” を卒業した私に、直筆の色紙とお花をプレゼントして下さいました。ありがたや〜。家宝にします✨


  新しいキャラクターとしてふたりを発表して3年経ったんですねー。早いものです。愛らしいふたりはこれからも、バファローズの一員として、ファンの皆さんと歩んでいきます。

  私は、ふたりと絡むことはなくなりましたが、しげさんとはこれからもつながっていきます。



しげさんのサイト
イラスト、キャラクター制作のAUN
http://www.auncle.com/


posted by holyyell at 18:44| Comment(2) | ニコりん坊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

君がいないと困る

image.jpg

「君がいないと困る」
いいネーミングでしょ。

  昨夜、帰宅して鍋を囲んだのですが、その時に出てきたのがこれ。
  個人的にポン酢はあんまり興味はなく、薄味のお鍋ではもっぱらゆず胡椒派だったのですが、ヨメの言葉に促されて食べたところ、あまりのおいしさに感激☆

  生のゆず果汁が30%も入っているので、さわやかな香りが広がり、食欲をそそります。 

  本当に、「君がいないと困る」と思ってしまうくらいに、おいしいポン酢です。


  これは、今年創業207年を迎える、岩手・陸前高田の会社「八木澤商店」の商品です。美しい町並みと田園風景、白い砂浜のあった場所で長年醸造業を営んできた老舗ですが、陸前高田といえば、ご存知の通り、東日本大震災によって壊滅的な被害を受けたまち。この会社も蔵や製造工場が全壊、流失という大きな被害を受けられたそうです。そんな中でみごと再生を果たし、今は少し内陸部に拠点を移して営業されています。


「八木澤商店」
http://www.yagisawa-s.co.jp/ 

posted by holyyell at 09:13| Comment(0) | モノ食う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

保育園の帰り道

 仕事中のヨメに代わって、チビのお迎えに保育園へ。日が暮れるのが本当に早くて寒さが身に染みますー。(>_<)
 入園した頃には、「卒園まであと○年かぁ。長いなぁ〜」 なんて思っていましたが、卒園が近づいてくると 「送り迎えするのも、あと何回だろう」 なんて思ったりして…。時の経つのはアッという間ですね。

 帰って、絵本を読んでいるチビを見ながら過ごしていると、インターフォンが鳴り、「宅急便です」 の声が。


 荷物を受け取ると、高校時代の恩師からの、こんなプレゼントでした。

140107present.jpg

 球場のお仕事が終わったのを知って、激励の差し入れ。ウレシイですねー☆
高校を卒業してもう四半世紀が経つというのに、今も気にかけて下さっている先生。ありがたいことです。

posted by holyyell at 19:24| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月02日

年始のびっくりニュース

 今年最初のびっくり…

「これをもちまして、年賀状のやり取りは終えたいと思います」

 と、引退宣言した方から今年も届いた年賀状。


 …あわてて返事を書いた。




 元日といえば、年賀状。
今年もさまざまなアイディアが詰まっていて、見ているだけでアッという間に時間が過ぎ去りますね。

posted by holyyell at 00:43| Comment(1) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

年頭所感

 いつもなら、年賀はがきを購入する11月初頭にはデザインが決まり、
師走の声を聞くころには、計画的に大掃除が始まる…という私のサイクルは完全に壊れ、

 史上、稀にみるスロースタートだった年越しの準備。

 そんなことはお構いなくアッという間に時間は過ぎてゆき、私の中で12月を 「40日」 くらいにしてやろうか…という思いがよぎりながらも、ようやく大晦 (おおつごもり) の晩になって帳尻を合わせ、迎えた新年。



 あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


 昨年は、後半に大きな波乱がありました。
「始まりがあれば、いつか終わりがある」 という、必ずの法則があるのは解っていつつも、割り切れない思い。

 そんな中にあって、折れそうな気持ちを支えて下さった方々の存在は、どれだけ心強かったか計り知れません。

 心から御礼申し上げます。


 オリックス・バファローズのスタジアムアナウンサーとして9年間務めた私へ、ファンの方が下さったお別れの言葉に 「試合に勝って嬉しい時はもちろん、負けて悔しい時にも堀江さんの声がありました。その声に和み、また来ようという気持ちにさせてくれました。」 というものがありました。


 そのメッセージを見ながら、私の中で 「太陽」 のイメージが浮かびました。


 晴れの日はもちろん、雨が降っていても雲の上には太陽があります。

 いつもそこにいるという存在。その安心感。

 そんな、おひさまみたいな人になりたいな…と、心から思いました。





 年が改まり、新たな一歩がスタートします。

 今年は、これまでの仕事のサイクルを少し見直して、手薄だったイベント司会の営業を、古巣の事務所 (とーくing) に手伝ってもらう一方、新たな取り組みとして、「おしゃべり」 の教室をスタートします。春に、大阪・梅田で始めることを想定して動き始めます。←詳しくは、
公式サイトをご覧下さい。その公式サイトもリニューアルして、太陽の色あいをベースにしました。


 2014年、今年は 「甲午 (きのえうま)」 の年。
「甲」の字は、「揆」 (はかる) の意味で、植物の内部にできた種子が大きさを測れるまで大きくなった状態を表しているそうです。

 咲かせた花が散ったあと、蓄えたものがカタチになり、それが成熟していくということですね。

 その種を大切に育てていく…。まさに、今の心境にピッタリです。



 45歳の今年。
人生も折り返して、これまで多くの方から受けてきた恩恵を、仕事の中でお返ししてゆく年代に入ってきました。

 皆さまに喜んでいただけるようなお仕事を、ひとつずつ、丁寧に務めてまいりたいと思います。

 どうぞよろしくお付き合い下さいませ。



        2014年1月1日  堀江 良信


posted by holyyell at 04:00| Comment(0) | 物思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする