2016年07月12日

祇園祭の楽しみ。

京都での生放送を終えたあと、
スタッフさんと一緒に「鉾の曳き初め」を取材しに行きました。

もう、ずっと山鉾巡行の当日は立ち会えなくて
数日前≠ノ建ち終わった姿を拝見するのが常でしたが、
曳き初めは、ほんの少しですが動く姿を見られるわけで…

ワクワクしますね。(^^)

今日は函谷鉾、鶏鉾、菊水鉾、月鉾、長刀鉾の5基が
午後から時間差で動くという豪華なラインナップ☆

まず、函谷鉾です。

IMG_2653.JPG

片側の車線をストップして
ダイナミックな鉾が悠然と進んでいきます。
釘を使わない縄締めの造りですから
ゆらりゆらりと、躯体を撓らせながらの巡行です。


次は、鶏鉾。

IMG_2636.jpg

撮影の段取りを決めるため、
鉾町の方に「上がって下がるんですか−?」と
巡行の方向を伺いに行ったら

「あー、テレビの人や! みやびじょん!」

という、あたたかいリアクションを返して下さいました。(^^)

街なかのエリアでそういうお声をかけていただくの、
うれしかったです☆

妙齢のお姉さま≠ニは写真を撮らせていただき、
「冥土の土産やー」と喜んでいらっしゃいました。(;^_^A


さて、山鉾巡行は
ゆっくり時間をかけて都大路を練り歩く
動く美術館≠ネのですが、
曳くのは、人。
寸分違わずまっすぐには進みません。

かといって、ハンドルもありません。

こうやって、少しずつ向きを微調節しながら
進んでいくのですね。

IMG_2650.JPG

菊水鉾の足元写真をご覧いただきました。

今はマンションやオフィスが立ち並ぶ室町ですが、
曳き初めにはこどもたちも大勢参加し、
鉾を見守るおばあちゃんの顔も、とってもうれしそうで。
昔ながらの人の交流を感じる
ほのぼのした空間がありました。

祭りの中にある何とも言えない高揚感。
京都人の特権ですね。

前祭(さきまつり)の山鉾巡行は、
来週の日曜日、17日です。

posted by holyyell at 23:59| 大阪 ☁| Comment(0) | お仕事がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

バファローズ×スタジアムアナウンサー ふたたび

昨日、今日と
こちらでお仕事させていただきました☆

IMG_2601.JPG

グランフロント大阪の「ナレッジシアター」。

演目は…
オリックス・バファローズのパブリックビューイング。
QVCマリンスタジアムでのマリーンズ戦を
大きなスクリーンに映し出してみんなで応援!!

試合終了後には、
バファローズの公式ダンス&ヴォーカルユニット
「BsGirls」のライブ。

という2階建ての内容でした。

私は、パブリックビューイングの進行と実況を
務めさせていただきました。


2013年シーズンで
スタジアムアナウンサーの仕事が終わって以来の
バファローズのお仕事。

ステージに上がってご挨拶をしたときに
「堀江さ〜ん」と呼ぶ声が
客席のあちらこちらから聞こえてきて、
あたたかい気持ちになりました。

バファローズファンの皆さんは、ありがたいですね。


2日間のイベント。
初日は、解説に野田浩司さんを迎え、
投手目線からのお話をいろいろといただきながら進めました。
夏場のデーゲーム。
野田さんは現役時代、
「1試合投げると体重が4キロくらい落ちた」という話や、
強風のマリンスタジアムの話題で
「星野投手は投げる瞬間に風に煽られてよろけ、
ボークを取られた」という思い出話などを
披露して下さいました。

また、スタジアムMCの平野智一さんも駆けつけて下さり、
新旧の場内アナ共演≠ニいう機会となりました。
平野さんは、私と違って落ち着いた声が魅力ですが、
バファローズへの熱い思いが伝わる
力強いコールを届けてくれました。
残念ながら試合は負けましたが、思い出に残る初日でした。



そして、2日目。
解説は岡義朗さん!!
マニアな方ならおわかりですね。
ラジオ大阪「近鉄バファローズナイター」以来の
お付き合いなんです。

紆余曲折あって、45歳になってから
プロ野球の実況に挑戦することになった私ですが、
その、野球への扉を開いてくれたのがラジオ大阪であり、
野球への興味を高めて下さったのが、岡さんなんです。
今は、タイガースの中継でご一緒することもありますが、
舞台の上で、
しかもお客さまを前に…というシチュエーションは
このコンビでは初めてだったので、
ワクワクしながら臨みました。

とにかく岡さん、サービス精神旺盛なんです☆
現役時代の「江夏の21球」のエピソードをはじめ、
(↑ 79年・近鉄×広島。当時レフトを守っておられました)
スコアラー時代やコーチとして
ベンチ入りしていた時の話を紐解きながら、
楽しく解説をして下さいました。
ずいぶん脱線しましたけれど…。(^^)
あの当時、ラジオを聴いていらっしゃった方は
「そのまんまやん!!」という感想を
お持ちになったことでしょう。

今日は平野さんがいらっしゃらなかったので、
スタメン発表は、私の声でさせていただきました。
画面や音楽は今年の「夏の陣」仕様。
でも、声は元・スタジアムアナウンサーというカオスな感じ。
ここだけ感≠より強くさせましたね。


さらに!!
本番中に気づいて
すぐ会場の皆さんにはお知らせしたんですが、
千葉の試合映像、
実況を担当されていたのは、谷口廣明さん。

そうです。
ブルーウェーブのボールパークナビゲーターを
務めていらっしゃった方なんです。
(私の先代にあたります。)

試合は、昨日、
高槻のウエスタンの試合に出ていた園部選手が
千葉でプロ初出場・初スタメンを飾り、
初打席初安打、初打点は決勝タイムリーと活躍!
バファローズファンの皆さんと
その喜びの瞬間を分かち合いました。
4−3で勝利。きょうは今日で、思い出に残る試合でした。



初代のDJ・KIMURAさんから数えて
3代目の私が進行を仰せつかり、
4代目の現役MCさんと共演し、
2代目が実況する中継映像を楽しみながら
みんなでワイワイ応援したこのイベント。
実に刺激的でした☆

ご来場いただいた皆さまに、心から感謝申し上げます。
また、ご感想を聞かせていただければ幸いです。



ところで…
試合の後に催された「BsGirl」のライブ
こちらも刺激的でした!

試合の中でチアがパフォーマンスをする球団は増え、
今や、全球団的な流れになりましたが、
オリックスは一歩先を行っているなと感じました。

プロ野球チームの中に
プロのダンスパフォーマーチームがいる。

曲も、旧来型の応援ソングではなく、
ちゃんと今≠感じさせつつ
「バファローズ」という文言は込められている。

チームなんだけれど、
一人ひとりがキチンと粒立っている。

仕事を離れたタイミングで
こうしたコンテンツもスイッチされたので、
じっくり拝見する機会がなかったのですが、
進取の気性に富む、
球団の伝統をカタチにしたユニットでした。


2階建てのイベント、たっぷり楽しませていただきました。


posted by holyyell at 23:59| 大阪 ☀| Comment(2) | お仕事がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする