2016年09月07日

美にふれるひととき「山本二三展 リターンズ」

夏休みの思い出をもうひとつ。


神戸・六甲アイランドにある
神戸ゆかりの美術館

IMG_2838.JPG

ここで開かれていたのは
「山本二三展 リターンズ」

IMG_2839.JPG

「天空の城ラピュタ」
「火垂るの墓」
「もののけ姫」といった、スタジオジブリの名作や

「時をかける少女」
さらには
「劇場版・じゃりん子チエ」など
幅広い作品で活躍されている
日本のアニメーション美術の巨匠を特集した展覧会です。

5年前、神戸市立博物館で開催された際に見に行けず、
回りまわって帰ってきた神戸での展。

これは…ということで行ってきたのですが、

その絵力≠ノ圧倒されました。

写真撮影不可だったのでテキストのみですが、

森を描く絵では
色の微妙なコントラスト
木々の緑や周りの風景の交わり方
葉っぱの繊細な筆のタッチに目を見張り、

もくもく沸き立つボリューム感が特徴の
二三雲=iにぞうぐも)は
夏の澄んだ青空をバックに存在感を感じました。


洋風な風景も、
和風な風景も、
建物や小物といった佇むもののディテールも、
写真の世界と見まごうほどのリアリティを伝え、
絵の世界に吸い込まれるひとときでした。

展示は、多くがセルの乗っていない背景原画でしたが、
人物がいなくても成立する世界観があり、
これが映像の力につながるのかと
ただただ、圧倒されたのでした。


ちなみに、山本さんのご出身は長崎県の五島列島。
島は違うのですが、同郷というのも判り、
ますますファンになった夏の昼下がりでした。

IMG_2842.JPG

見終わって外へ出たら、
思わず空を見上げてしまいますね。(^^)


posted by holyyell at 23:56| 大阪 ☁| Comment(0) | ニコりん坊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美にふれるひととき「アートアクアリウム展2016 in 大阪」

夏休みの思い出をひとつ。


様々な形の水槽にいろんな種類の金魚が入り、
時間で色が変わってゆく照明に照らされて
幻想的な世界が広がるアートアクアリウム展。

今年で10周年。
大阪、東京、金沢と
3つの会場でスケールアップして開催されました。
特に大阪会場は
これまでで最も大きな規模の屋内会場だそうです。

壮大なスケールで「宇宙」をテーマにした空間を演出。



会場に入ると、
大きくて透明な地球の形をした水槽。
大陸の模様が描かれていて
水の塊が浮かんでいるように見えます。

IMG_2861.JPG

錦鯉が中で泳ぎ、様々なライトに照らされています。

IMG_2903.JPG

また、背後の壁には宇宙の映像が映し出されていて、
地球は水の惑星なんだなぁと、改めて。

奥にはさらに広い空間が広がっています。
フロアとフロアを結ぶ通路には、
金魚が品種ごとに展示され、
金魚専用の水族館のようでした。

中でも、水面が波立たないようにされていて
透明感の高い水槽があります。

IMG_2865.JPG

そこに
「ピンポンパール」「水泡眼(すいほうがん)」
「赤出目金」「黒らんちゅう」
「パンダ蝶尾(ちょうび)」と
かわいらしい、ヒラヒラ系の品種が泳いでいました。

IMG_2868.JPG

…癒されます。


通路の最後には大きな水槽がふたつ並んでいます。

そのうちひとつは、三角のレンズが埋め込まれ
のぞくと、通った金魚が、
万華鏡のような模様で浮かび上がります。

IMG_2883.JPG

そこを越えると、2つめのフロアに入ります。
すると、函を積み重ねたように水槽がどーんとあります。
それぞれのお部屋でいろんな品種の金魚が泳ぎます。

IMG_2890.JPG

上からは巨大な照明のモニュメントがぶら下がり
光のシャワーが水槽に振りそぞぐよぅな感じ。


その向かいには
イベントの、象徴的で大きな水槽が鎮座していました。

IMG_2895.JPG

名付けて「おいらん」
約1000匹の金魚が泳ぐ大きなおおきな金魚鉢です!
カタチも、ガラスの金魚鉢をそのまま大きくした感じで
高さ2.4メートル、最大直径2メートルもあるのだそう。

江戸の遊郭を表現していて、
舞うように泳ぐ金魚は花魁やそれを目指す女たちを。
金魚鉢は「その中でしか生きることのできない世界」を
意味しているそうです。
7色の光が変化しながら照らし出し、あでやかでしたー。
バックには提灯もレイアウトされているんですが、
そこにも金魚の模様がバッチリと。


「おいらん」へ向かう広いひな壇には
江戸の時代から親しまれている、
ぼんぼりをイメージした水槽とか

IMG_2886.JPG

棚田のように水槽が設えられて、

IMG_2891.JPG

そこにおびただしい数の金魚が泳いでいました。
スケール感が半端ないです。


ひと通り見終えて、
「どの金魚がいちばんかわいかったー?」と訊くと、

チビは、

「水槽をお掃除していたおさかなさん!!」


…おいっ!!

  ※プレコと呼ばれる南米大陸に生息するナマズの一種です。

posted by holyyell at 23:39| 大阪 ☁| Comment(0) | ニコりん坊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

久々のラジオ大阪☆

平日の正午から3時間
ラジオ大阪で放送している
「ほんまもん!原田年晴です」の
メーンパーソナリティで、

中学校のセンパイ≠ナもある
原田年晴アナウンサーが今週は夏休み。

そこで、
ディレクターさんからお声がけいただいて
久々に弁天町へお伺いし、

IMG_2907.JPG

「お留守番、堀江良信です。」と相成りました。


たま〜に顔を出して
昔なじみとお茶することはありましたが、
スタジオでしゃべるのは
最後にニュースを読んでから8年ぶりとなります。
まして、お昼の番組は初めて。(;^_^A

先輩リスナーの皆さんには
受け止めていただけるだろうか…
とか、

初めてコンビを組ませていただく
ご迷惑をかけないだろうか…
とか、

いろいろ思いながらではありましたが、
局に着くと、
社員さんやスタッフの方とご挨拶をしていくうち
時間のギャップがほぐれ、(^^)

番組を放送するスタジオが、これまた…

IMG_2909.JPG

おなじみのAスタジオで、
しかも、
「近鉄ナイタージョッキー」など
これまで担当させていただいていた番組との
座り位置まで一緒☆

何だか、居場所に帰ってきた感じで
ずいぶんラクになりました。

IMG_2911.JPG

副調の佇まいも、テープデッキがデジタル機材に変わり、
運行画面も漢字表記で読みやすくなっていたほかは
             ↑ どこに着目?
当時のまんま。(^^)

うまくアジャストできました。
さすが「ハッピーエイジングステーション」


で、きょうご一緒させていただいたのが

デビュー3年目の22歳…ですが、
しっかりしてはります!!

合いの手の入り方、
親しみのあるキャラクター、
3時間があっという間に思えるほど
楽しくさせていただきました。
ありがとうございました!! m(__)m


番組中には、せっかくだからと
あやののクッキング≠ニいうコーナーを設けて、
スタジオで包丁さばきを披露して下さいました。

CrMRKvGVMAA60qo.jpg

あやのさんのツイッターから画像を拝借しています)

できあがったのは、こちら!
あやのさんの故郷、山形のソウルフード
だし≠ナす。

CrMRKviUAAItv6R.jpg

あやのさんのツイッターから画像を拝借しています)

なす・きゅうり・オクラ・みょうが・白ネギを
みじん切りにして調味料で味をととのえ、
ごはんやお豆腐の上にかけて完成。

夏場にごはんをスルスルっと食べられる
食欲増進の一品です。完食しました。

歌手の手料理をいただけるなんて
とってもレアな経験。
うれしかったなー。ごちそうさまでした。m(__)m

クッキングの様子などは
番組ブログに掲載されていますので、
こちらもご覧下さいね。



ところで、
今日は弁天町の駅を降りて局に向かう道すがら、
前からどこかでお見受けした顔が
近づいてくるではありませんか。

あー!三喬さん!!
「ごぶさたしておりますー」

番組欄の写真を見ると、
朝7時からの「モーニングライダー」に
笑福亭三喬さんのお名前が。
ゲスト出演の帰りだったようです。
松喬襲名おめでとうございます☆

挨拶を交わした後、三喬さんが
「5分だけ、よろしいですか?」と仰る。

「はいはい。何でしょう?」と伺うと、

「バファローズ、どないなってますんでっしゃろなぁ~」


…弁天町の駅前の高架の上で、
噺家さんとの立ち話の内容が、
バファローズ≠ト。(爆笑)

三喬さんとは
かつて担当していた「近鉄ナイタージョッキー」で
ご一緒して以来のおつきあい。

この日に、このタイミングでお会いして、
会話の中身がそれですかー!

何と、引きの強いことで。(^^)


今日は、
始まる前から同窓会のような1日だったわけです。


posted by holyyell at 03:12| 大阪 ☁| Comment(0) | お仕事がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする