2017年01月17日

いのちを想う日。

京都・太秦はきょうも冬景色でした。

1.jpg

担当した「デイリーニュース京都」でお話ししたこと。
--------------------------------------------------
民間のシンクタンク、野村総研が去年行った調査で、
近い将来、
「大きな地震に遭遇する恐れを非常に感じている」と答えた
京都の人の割合はわずか7%あまり。
いざという時の備えをしていると答えた人は
30%あまりだったそうです。
個人の努力によって被害を最小限にとどめる
減災への取り組みはもちろんですが、
多くの外国人や観光客が訪れる京都は
非常時にそうした方々への対応も必要ですね。
--------------------------------------------------
それを「使命」と捉えるか、「課題」と捉えるかで
踏み出す一歩は大きく異なりますよね。



多くの命が失われ、人々の暮らしが大きなダメージを受けた
阪神・淡路大震災から今日で22年となりました。
発生時刻に神戸で行われた追悼の集いでは、遺族代表の方が
「震災から22年。
 これだけたつと歴史の世界になってしまいますが、
 私には歴史で済ますことはできません」と仰いました。

大切な家族を亡くされた方にとっては
割り切れるものではないと思いますが、
確実な、時間の経過を思わされる歴史≠ニいう表現。



当時25歳だった私。
最初の数年間は、この時刻に黙祷しながら
ただただ悲しみばかりが先に立ったのですが、

47歳となったけさは
当時、必死の思いで情報を送り続けた
先輩のラジオマンたちに思いがめぐり、
「今の私にはあんな凄いことができるだろうか」と
責任ある年代に至った我が身と向き合いました。


22年の間に多くの地震が立て続けに起きています。

予知できない、1秒先の運命

そこへの意識を、より高めていきたいものですね。
「賢者は歴史から学ぶ」を実践につなげて。





さて…
本番終わりでこちらに伺いました。

3.jpg

京都・四条河原町の近くにある元・立誠小学校
高瀬川のほとり、
昭和初期に建てられた校舎が残るスポットで、
廃校になった今も、地元の催しの会場になるなど
地域の拠り所になっています。

かつて電力会社のあったそこは
日本で初めて映画の試写が行われた場所で、
日本映画発祥の地≠ニされています。

2.jpg

そこで、教室に暗幕を施して映画を上映する
「立誠シネマプロジェクト」がレギュラー化し、
連日、良質の映画を発信しています。

観てきたのは、こちら。

6.jpg

「この世界の片隅に」
今、話題の作品です。
平日のお昼間。
60席ほどのキャパは、満席でした。
内容や制作の背景は公式サイトにお任せして…。

広島は、ヨメの実家がある私の第2のふるさと≠ナす。
しかも、主人公のすずさんが生まれ育った江波や
嫁いで行った呉の町は
私たち夫婦が結婚前に訪れた思い出の場所。

その場所に横たわる悲しい歴史と、
その時代の中を健気に生き抜いた人々。


…何度も涙を流しました。

悲しいからではありません。
かわいそうだからではありません。
力強く、
人生を大切に生きた人たちのエピソードに触れて
愛おしく思ったのです。

そう。生きる尊さ。



すずさんの声を担当した、のんさん。
素晴らしかったです。
息づかいだけで感情が伝わりました。

映画を観る前に訪れた校舎1階の喫茶コーナーでは
男性が丁寧に淹れてくれたコーヒーをいただきながら
中庭の風景を味わい、
周りが繁華街であることを忘れてしまいそうな、
ゆったりと流れる時間を感じました。

5.jpg

ふーっと深呼吸しながら
今日は、いのちについてゆっくり感じた日。


楽しく生きよう。
大切に生きよう。
与えられたいのちを感じながら
思い切り、生きよう。

強く思いました。

posted by holyyell at 23:59| 大阪 ☁| Comment(2) | 物思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

ゆかいな日

J:COM京都みやびじょんでの
年始初回の仕事の日は、
本番終了後にこちらへ伺うのが、毎年のお約束。

1.jpg

芸能の神様を祀る、車折神社。
昨年のお礼を申し上げ、
一年の無事と、芸事のさらなる上達を誓い、
お祈りしてまいりました。

おみくじは「半吉」。
自身への叱咤激励と捉え、
がんばりましょう☆

そして…
嵐電に乗って向かった先は
北野白梅町。


駅前の店にかかる
ものすごーくインパクトのある提灯に
思わず釘付け!!

2.jpg

目的は、これではありません。
ある方との待ち合わせです。


6.jpg

「あうんのてんぽ」の作者で、
オリックス・バファローズのマスコットキャラクター
「バファローブル」「バファローベル」の生みの親である、
イラストレーター・幸池重季さん☆
東京一極集中という流れが進むなか、
あえて京都で活動している、なかなかのお侍さんです。

ブル君、ベルちゃんは
おととい、生誕6年の記念日でした。
お誕生日おめでとう。(^^)

マスコットを通じてつながったしげさん≠ニの交流は
毎年、年明けにアトリエに伺って新年のご挨拶をし、
他愛もない会話で楽しいひとときを過ごす…という形で
今も続いているのです。


きょうは途中で今宮神社に立ち寄り、

3.jpg

名物の「あぶり餅」をいただきながら
の〜んびり過ごしたあと、

アトリエで待っている
この子に会いに行きました☆

4.jpg

てんちゃん!!

「あうんのてんぽ」の主人公です。
   ※書店に並べず、大切に手売りするマンガです。

かわいくて、
周りを暖かい気持ちにさせてくれる
仲良しのてんちゃん。

1年ぶりの再会を喜んでくれて
おじさんもうれしいよ。(^^)

また遊んでねー。


posted by holyyell at 23:50| 大阪 ☁| Comment(0) | ニコりん坊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

我が家の新習慣

2日に初出勤したあと
帰省していたヨメとチビを迎えに広島へ。

深夜に到着し
翌日は早朝から、こちらへ。

ski2017.jpg

女鹿平(めがひら)スキー場です。
雪の少ないシーズンですが、
造雪機のおかげで滑れます☆

インストラクターをしているヨメの兄に
チビを預けてレッスン。

1年のブランクはありましたが、
何てことはない。
スイスイ滑っておりました。
子ども、おそるべし。

親は…いうと
傾斜のゆるーいファミリーゲレンデを相手に
必死のパッチ。(;^_^A

何本か滑って
ようやく慣れた…頃にはもうお昼前だったりして。


午後はステップアップの教室にチビを預け、
ヨメと私は
少し長い距離を滑りに隣のゲレンデへ。
3本滑って足がパンパン。(>_<)
 ↑ 寄る年波には…

でも、久しぶりにデートができました。
ありがとうよ。息子。

かくして、我が家の正月行事になりつつあるスキー。

楽しかった?と訊くと、
「うん!むっちゃ楽しかった」とチビ。

スクール以外の時間は親子三人で滑り、
朝から晩までスキー三昧の一日。

ヨメの好きなスポーツ(スキー)と、
父親の好きなカヌーに興味を持って
一緒に楽しんでくれるチビ。
その成長がうれしかったりするバカ親なのでした。


※去年の投稿は、こちら→

posted by holyyell at 21:23| 大阪 ☁| Comment(0) | ニコりん坊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

一年の計は…「笑い」

あけましておめでとうございます。

年男の一年が始まりました。
どうぞよろしくお付き合い下さいませ。
ブログも、ユルユルと続けてまいります。(;^_^A

さて、そんな新年初日はこちらへ…

0101-1.jpg

大阪・道頓堀角座。

今年は松竹芸能さんが60周年だそうで、
劇場の前には放送各社からのお花が並んでおりました。

そんな中、行われた催しは…
「新春揃踏 角座落語づくしの会」

これまでお仕事をご一緒させていただいた
笑福亭三喬 さん
桂小春團治 さん
笑福亭枝鶴 さんが、同じ日の高座でご一緒される
なかなかない機会だったのと、
独演会などに顔が出せていなかったので
せめてもの罪滅ぼしということで。(;^_^A


楽屋をお訪ねしてご挨拶し、
客席に入ったのですが、
100人あまりのこじんまりしたキャパ。
全席指定で前売り購入しておいたチケットは…

0101-2.jpg

2列目、中央。
演者に近すぎるー!!(>_<)


一般の方にはうれしいええ席≠ネんですが、
顔の差す者にとってはビミョーな席≠ナもあり。(;^_^A
師匠方、やりにくかったと思います。
すんませんー。

めくるめく、笑いの渦の3時間。
ココロの洗濯できましたー!


そして…
帰り際にいただいた入場者プレゼントにびっくり!!

0101-3.jpg

灘のお酒、櫻正宗さんのおいしそうなお酒でした。
ありがたく頂戴いたします☆

改めて、
松竹芸能さん60周年おめでとうございます。

posted by holyyell at 23:50| 大阪 ☀| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする