2017年05月11日

気をつけよう。

報道・情報系の仕事に携わっていて、
いつも心掛けていること。

「バランス」

一つの物事を取り上げる時にも
いろんな考え方を示し、
聴いている人、観ている人が
自分なりの解釈にたどり着けるよう努める。

それが、公器を預かる者の使命だと思うのだ。

然るに、昨今
ホンネを前面に掲げ、薄っぺらーい主張を
これでもかというくらいに繰り返している
コンテンツによく出会う。

誠に嘆かわしい。

視聴者のリテラシー≠育み、
多様な価値観を認めあい、
豊かな社会を実現するために寄与すべき放送番組が
これでは…と思わされる。


限られたソース(特定の新聞や発信元)を
中心に組み立てる番組や
そういうものでトークを展開する出演者
決めつけで話を展開するコメンテーター。

熱心な視聴者は「ふむふむ」言って同調しているだろうが、
かなり辟易。

視聴者として、いちばん信頼感のない存在だと思う。

自戒を込めて。

posted by holyyell at 22:49| 大阪 ☁| Comment(0) | 物思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする