2013年12月08日

法案とマスコミの“責任”

 物議を醸した 「特定秘密保護法案」。大反対の嵐が巻き起こる中、結局、今の国会で成立しました。

 新聞や放送をはじめとしたマスコミの多くは、こぞって反対の姿勢で報道し、私の周りでもそうしたスタンスの方が多かったです。

 しかしその一方で、賛成の立場を取る人もいました。


 私は、この法案の賛成派による論調は 「世界におけるニッポンの立場」 に目を向けている

 反対派の論調は 「ニッポンに住む個としての自分」 に目を向けている


 そう解釈していました。


 どちらも大切な視点です。


 世界の国々とお付き合いする中で、特に、安全保障の面では情報に関する比重が高まっています。これまで諜報機関を有していなかった日本にとって、この部分はある意味、弱点ともいえます。情報戦でひけを取らないための、また、安全保障上の同盟国との信頼関係をつないでおくためにも必要な法案…というのは納得できます。

 その一方で、運用にグレーゾーンが広く存在し、官僚機構に恣意的に使われてしまいかねない懸念をはらんだこの法案は、国民のプライバシーや言論の自由を脅かす危険性があります。今の法律は全般的に、本文はごくわずかで骨組みだけのつくりになっており、ほとんどは “附則” によって肉付けされている点から見ても、成立 “後” を見守る必要性はあるでしょう。


 ひとつの事象について賛否両論があるのは当然ですが、一連の報道を見ていると、主張する立場と相関関係になるものへの視点が、著しく欠けているような気がしてなりませんでした。


 主張は大事です。
しかし、マスコミの報道は両論併記の上で主張しないと、単調な世論形成につながりかねず、結果として、人の考える力や選別する力 (リテラシー) いったものをやがて失わせてしまうでしょう。

 その責任は、あまりにも大きいと思うのです。

posted by holyyell at 03:45| Comment(0) | 物思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。