2016年04月27日

その仕事は、誰のためのものだ?

国内の自動車メーカー・三菱自動車が、
燃費性能のデータをごまかしていたのが発覚したのは、
先日のこと。

そして、昨日
その期間が、何と四半世紀に及んでいたことが
新たに判った。

クルマ選びに関わる大事なファクターの一つが
ウソ≠セったことになるわけで、
ユーザーにとっちゃ大迷惑な話。

そもそも、監督官庁の国土交通省は
何やっとったんや?ということにもつながる。

まったくもって、両者ともにけしからん話だ。


そして…
あれだけの大企業である。
末端の社員にまで情報が行き渡っているはずもなく、

顧客と一番近い、ディーラーの営業マンをはじめ
マジメに車を売っていた「大勢の社員」をも欺く行為は、
現場に多大なる迷惑をかけている。

その仕事は、誰のためのものなんだ?と訊きたい。
顧客のためであり、
関わっているすべての人を幸せにするためのものだろう。


「開発における他社との競争で、焦りがあった。」


そんなの、理由にならないよ。
自分の仕事を愚直にやって、
それが認めてもらえるかどうか、でしょ。

関わってきた技術屋や経営の連中は
マツダの車づくりの哲学を学んできなさい。




それにしても、だ。
昨日は疲れて寝ていたはずなのに、

「そんな変な機能は付けんでええから
ちゃんとしたクルマをつくれー!!」と

道の上で絶叫している、おかしな夢を見て
こんなに早く目が覚めてしまった。→朝の5時。
潜在的な怒りが夢に反映するなんて…。(>_<)


ので、とても久しぶりに朝活中。
あー、だから今日は雨が降るんだ。

posted by holyyell at 05:54| 大阪 | Comment(0) | 物思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。