2017年01月01日

一年の計は…「笑い」

あけましておめでとうございます。

年男の一年が始まりました。
どうぞよろしくお付き合い下さいませ。
ブログも、ユルユルと続けてまいります。(;^_^A

さて、そんな新年初日はこちらへ…

0101-1.jpg

大阪・道頓堀角座。

今年は松竹芸能さんが60周年だそうで、
劇場の前には放送各社からのお花が並んでおりました。

そんな中、行われた催しは…
「新春揃踏 角座落語づくしの会」

これまでお仕事をご一緒させていただいた
笑福亭三喬 さん
桂小春團治 さん
笑福亭枝鶴 さんが、同じ日の高座でご一緒される
なかなかない機会だったのと、
独演会などに顔が出せていなかったので
せめてもの罪滅ぼしということで。(;^_^A


楽屋をお訪ねしてご挨拶し、
客席に入ったのですが、
100人あまりのこじんまりしたキャパ。
全席指定で前売り購入しておいたチケットは…

0101-2.jpg

2列目、中央。
演者に近すぎるー!!(>_<)


一般の方にはうれしいええ席≠ネんですが、
顔の差す者にとってはビミョーな席≠ナもあり。(;^_^A
師匠方、やりにくかったと思います。
すんませんー。

めくるめく、笑いの渦の3時間。
ココロの洗濯できましたー!


そして…
帰り際にいただいた入場者プレゼントにびっくり!!

0101-3.jpg

灘のお酒、櫻正宗さんのおいしそうなお酒でした。
ありがたく頂戴いたします☆

改めて、
松竹芸能さん60周年おめでとうございます。

posted by holyyell at 23:50| 大阪 ☀| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

朝のドキュメント

通勤の新快速は
大阪を出発して数分、
尼崎のホームに差し掛かった時だった。

「ドスン。」

床に倒れ込む長身の男性の振動が
足まで伝ってきた。

3メートル向こうの扉のそばで倒れた
スーツ姿の中年男性は動かない。

脳障害か?

心筋梗塞か?

すわ、そばにいた乗客たちが囲む。
私も立ち上がって様子を伺う。

車内のSOSボタンを押して
乗務員に連絡を取らねばと思うが、
人垣の向こうにある。

すると、
ボタンの近くにいた女性がそれを押して
列車は緊急停止。
女性が車掌に状況を説明した。

ほどなく、停止を説明する放送が車内へなされた。
この間に、倒れた男性は気がついたが
顔色は悪い。
「貧血です。」と言った声は申し訳なさそうで、
こちらもいたたまれなかった。
本人も不本意だろう。

列車は
駅のホームに半分到達したままストップしていたため
正規の停止位置まで徐行して
駅に停車する旨の放送が流れ、
ゆるゆると進み、停止。

ホームの車両位置には、
車掌から情報指令を通じて連絡を受けた
尼崎駅の職員が救護をすべく待機していた。
もちろん、車いすも携えている。

SOSボタンの作動からわずか3分。
迅速な対応に驚かされる。

「急病人の発生」という事案は
多くの乗客を運ぶJRでは日常的なことで
そつなく動けている…ということもあるのだろうが、
判断の遅れはダイヤの乱れに直結する中
的確な行動を見せていたのはさすがだった。

駅員が「どなたですか?」と確認しながら乗り込んできて、
周りの乗客が促すと、男性は
「大丈夫です。このまま乗っていきます」と言う。
その言葉を聞いた駅員は、無線で「継続乗車」と伝えて
尼崎からの乗客が乗り込み、列車は発車。

男性は座席に座り、落ち着きを取り戻していくが、
心配した周りの乗客が話しかけ、
行先や今の状況を聞きながら列車は進む。
どうやら、三ノ宮で降りるらしい。

すると、中年の女性が近づき
しゃがんだ姿勢で男性を見上げながら話しかけている。
その話しぶりから
女性は保健関係の方のようで、
男性が下車する際に付き添うといった提案をしていた。

列車は芦屋に停車後、およそ4分遅れて三ノ宮に到着。
女性は腕を貸し、
そばの男性客も体を支えながら、
車内で倒れた男性はホームへ降りて行った。



朝の通勤電車は
やもするとイライラした空気に包まれがちだ。

しかし、きょうの4号車は
「おたがいさま」の空気が支配し、
誰彼なしに、男性のために動いていた。
それが、とても後味の良い結果をもたらした。
結局、私は何の役にも立たなかったが…。


そして、新快速電車は走り続ける。

posted by holyyell at 00:07| 大阪 ☁| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

避暑2016

今年も、一瞬だけ
携帯電話の通じない時間≠作り、
山奥へ涼みに行きました。

IMG_2811.JPG

マイナスイオンの沸き立つ水しぶき、
ただただ聞こえる、水の流れ落ちる音とセミの鳴き声。
冷たい山の水を泳ぐ、久々の川遊び。

実にぜいたくなひとときでした。(^^)

IMG_2812.JPG

チビたちは、生きものの観察。
自然はいいですね。

posted by holyyell at 01:22| 大阪 ☀| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

観察は大事。

我がクルマ。

走行距離は年間5000キロくらい。

なので、
給油も月に1回満タンにするペースです。

ただ、その際には
必ずタイヤの空気圧は測ります。
(セルフなので、もちろん自分で。)

以前から、
右後輪の空気圧が
他より少し減るよなぁと思っていたのですが、
先日測ったら
ずいぶん減っていたりして…。;^_^A

エアバルブ?
パンク?
いろいろ想像しましたが、
専門家に診てもらおうと、
タイヤの専門店へ。


結果は
「バルブも問題ないし、
 キズや割れも、歪みもありません。
 特に異常はないように思いますが、
 何かあったら仰って下さいね。」

って、ホンマかいな?


ちょうど、直後に定期点検の時期だったので
そのことを話して
整備工場で診てもらったところ…

「堀江さん、正解。
 細っそいクギが刺さってましたー。
 空気はジワジワ抜けてたんですねー。
 パンクなんで、修理しときました。」

やっぱり!! (>_<)


パッと見ただけでは判りにくいパンク。
見つけてくれてありがとうー!!

タイヤは、命を支える大事なパーツ。
気にかけないと、ですね。


posted by holyyell at 01:32| 大阪 ☔| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

牛を飼う球団

ブルくん、ベルちゃんのいる
オリックス・バファローズのことではありません。

ushi.jpg

プロ野球・独立リーグ「四国アイランドリーグplus」の
高知ファイティングドックスをめぐる物語です。

著者の喜瀬雅則さんは、産経新聞の記者。

サンケイスポーツや本紙で
各球団の番記者≠務めるなか、
バファローズを担当されている時に知り合いました。

当時から、仕事の合間を見つけては
高知球団をはじめ、
独立リーグに関する取材を精力的にされていて、
本紙でも紙面を飾っていました。
バイタリティのある方です。

そのバイタリティの源は何だろう?って、
ずっと思っていました。

その答えが、「牛を飼う球団」
この一冊に集約されていたんだなぁ。と
今となっては思います。

産経新聞の夕刊に連載された
「独立リーグの現状 その明暗をさぐる」という作品で
5年前にミズノスポーツライター賞≠フ
優秀賞を受賞された喜瀬さんは、
小学館ノンフィクション大賞≠ノおいて
おととし、「海を渡る野球小僧」で、
去年はこの「牛を飼う球団」で、
それぞれ最終候補まで残りました。

そして、ついに書籍化されたのが
「牛を飼う球団」。


小学館の公式サイトでは、このように紹介されています。
-------------------------------------------------------
前代未聞の「プロ野球×地域創生」物語
経営難で球団存亡の危機に瀕していた
プロ野球・独立リーグの
四国アイランドリーグプラスに所属する球団
「高知ファイティングドッグス」。
しかし、若き実業家・北古味鈴太郎が
オーナーに就任することで事態は大きく変わっていく。
鈴太郎は前例のない取り組みで球団を活性化させ、
無謀とも思える球団の黒字化を目指していく。
そのなかで始めたのが「牛を飼う」ことだった――。
-------------------------------------------------------


プロ野球の球団が「牛を飼う」って…。
常識を覆すでしょ?

本書は、球団の北古味オーナーを縦糸に、
さまざまな人の人生がうまく絡み合って織りなされる
会社組織の物語…とも言えますし、

経営難の中、通常の概念で携わっていれば
必ず頓挫するであろうところを
アイディアと実行力、真心で打開していく
企業経営の妙も示されています。

また、南国・高知の置かれている現状と、
「自分たちが関わる中でふるさとを元気にする」というのを
見事に形にしていく地域創生≠フストーリーとも言えます。


そして、
決してサクセスストーリーばかりではないところに
人生の機微を改めて感じ、
仕事への取り組み方を振り返らせてくれます。

読むスピードがすごく遅くて、
読書が大の苦手≠ネ私ですが、
この本、楽しすぎて2日で読み切りました!!
時折、じんわりとウルウルしながら…。



それにしても、
オーナーの北古味さん。
何とも魅力的なお方です。
みんなが知らず知らずのうちに
笑顔で巻き込まれていくんですもの。
喜瀬さんも、そうだったに違いない。(^^)

そして、それは
北古味さんの、
フックになるものを拾い上げるアンテナの感度や
その物事と人とを結びつける洞察力。
実行に移すタイミング。
さまざまな持ち味が巧みに働いた
魔法のようなものなんだと思います。


「野球」の文字がタイトルにありながら、
書店では「ビジネス」や「地域創生」というような
ジャンルの居場所が用意されている…。

これは、野球ファンのみならず、
多くの社会人に読んでいただきたい作品です。


久々に感動した一冊。
あなたも、ぜひ!!



続きを読む
posted by holyyell at 18:26| 大阪 ☁| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

早春のお楽しみ

行こう行こうと思いながら、
なかなか行けなかった「いちご狩り」。
ようやく隙間をみつけて楽しんできました。

IMG_2045.JPG

神戸市北区有野町の二郎(にろう)。
甘くておいしいいちごを育てているとして、
いちごの世界では有名な地域です。

IMG_2044.JPG

ここのいちごは市場には出ず、
実際に行き、摘み取って食べて
そのおいしさに触れるのが醍醐味です。

プレオープンの期間で、
ハウスでの滞在は30分でしたが、
十分、お腹いっぱい胸いっぱいになりました☆



そのあとは
少し足を延ばして隠れ家≠ヨ。

IMG_2048.JPG

古い友人の家に上がらせてもらい、
おいしいコーヒーをごちそうになる…というような
シチュエーションがイメージできる店内。

IMG_2047.JPG

周りが森というのも、心落ち着きます。

慌ただしい日々が訪れる前の
静かな休日。

満喫しましたー。(^^)


posted by holyyell at 01:09| 大阪 ☔| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

お正月休み2016

年末はギリギリまで働いていましたが、
元日から5連休。
もう、何年ぶりのことでしょうか☆

カレンダーのめぐりあわせと、
勤務を交代してくれて
連休の実現に協力してくれた仲間に感謝。

…で、
これだけ休みがまとまったのだからと
ヨメの実家での〜んびりさせていただきました。
ありがたや。

日が高くなるまで眠ったり、
夜明け前から起き出して
家族でスキーに出かけたり…という年始。

160101.jpg

広島の北部、
島根との県境に程近い女鹿平(めがひら)スキー場は
規模は大きくはありませんが、アットホームな感じ。
ファミリー向けゲレンデのリフトには
介添え係のお兄さんが常にいてケアしてくれているし、
みんな楽しそうにお仕事しているのがよかった☆

降雪はなく、造雪のゲレンデでしたが、
私たちには十分楽しめました。(^^)

8歳のチビはゲレンデデビューでしたが、
教室に入れたら、
2時間でストックなしでちゃんと滑れるようになり、
父さん、いきなり追い抜かれたりなんかして。;^_^A
(コーチがいいから。→ヨメの兄=インストラクター)

そして、10年近いブランクの開いた私は
「ボーゲン、時々直滑降。」の組み合わせで、
初心者向けのゲレンデがお似合いのスキーヤーから脱却できず。

160102.jpg

「お父さーん、またスキー行こうねー!」てか。
…息子よ。楽しそうで、いいね。

かくして、楽しいお休みは
あっという間に過ぎ去ったのでした。

さ、仕事シゴト。
今年も頑張りましょう。

posted by holyyell at 16:50| 大阪 ☁| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

謹賀新年2016

2016年・申年
あけましておめでとうございます。

image.png

昨年は、
年明けから波乱に巻き込まれ
大ピンチとなりましたが、
多くの方に支えていただきながら
1年を過ごすことができました。

失うものがあったおかげで、
得られるものがありました。

誠に、ありがたいことです。

ここ数年、本当に
「おかげさま」を感じることが多いです。


今年は、サル年。
去る≠ニ言われますが、
あっという間に過ぎ去る時間の中で、
じっくり取り組む≠P年にしようと思っています。


この1年も、
皆さまにとって素晴らしいものになりますように。

そして、どうぞよろしくお付き合い下さいませ。


2016年1月1日
堀江良信


posted by holyyell at 10:16| 大阪 ☀| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

KSL AWARDS 2015

今年も司会で呼んでいただきました☆
「The KSL Awards 2015」
関西サッカーリーグの表彰セレモニーです。

151219-room.jpg

各府県リーグを勝ちあがった16のチームが
2つのディビジョンに分かれてシーズンを戦い、
1部は、全国地域リーグの決勝大会を経て
JFLへの昇格を目指す…というリーグです。

50回目の節目となった今シーズンは
昇格クラブなし。という結果に終わりましたが、
それでも、熱戦が繰り広げられました。

MCは、この方とご一緒☆

151219-mc.jpg

スポーツのスタジアムアナウンサーなどで
活躍されている菅原有紀さんです。
国際試合や、なでしこJAPAN、天皇杯、ユースなど、
幅広いカテゴリーの試合で耳にする声の主です。
このアワードのMCは何年も担当されていて、
去年から私もご一緒させていただくことになりました。

当日の様子は、Ustreamで展開されている
「KSLTV」映像をご覧になって下さい。(^^)



ところで…去年は表彰選手の中に
少年時代のプレーを実況した選手がいるのを
発見してうれしかったのですが、
今年もそれとおぼしきメンバーを
リストの中に見つけました☆

Division2で優勝した、
京都紫光クラブの中田顕斗選手。
ベストイレブンのひとりだったのですが、
今から16年前の
「みやびじょんカップ 少年サッカーチャンピオンシップ」で
太秦サッカー少年団の一員として
プレーしていなかったかなぁ。

私は、実況は担当していないと思うんだけれど、
上手い選手だったという印象が残っています。
手元にある大会のプログラムには、
最優秀選手の3人に名前が入っているんですよ。

ご本人だとすると、うれしいですね。
サッカー上手な少年が、
大きくなってもずっとプレーし続ける幸せ。
きっと噛みしめながら、
気持ち新たにボールを蹴っていくんだな…

なんて。


151219-table.jpg
続きを読む
posted by holyyell at 01:29| 大阪 ☁| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

キャー≠フわけ。

ラジオ関西でニュースデスクの勤務中、
女子高生の集団が見学に訪れた。


報道デスクのそばで、引率していた局長が
「堀江アナウンサーです」と紹介するやいなや、


キャー≠ニいう黄色い声とともに、
前にいた一団から握手を求められたワタシ。

…ドッキリか?


と思ったけれど、
どうやらそうではないらしい。


…きっと、
誰かと間違えているはずだ!


そう思おう。
でなければ、説明がつかないのだ。(;^_^A


かくして、10人以上の女子高生と握手して
その場は終わったのだが、


きっと…
私のその手の運≠焉A
今ので一生分を使い果たしてしまったかもしれない。
(>_<)


ちなみに、彼女たちは
その後訪れたスタジオで
「コレ、さっきまで板東英二さんが被っていたよ」と
紹介されたヘッドフォンを見て
キャー′セうてはったらしい。


つまりは何だ。
局内は何でもキャー≠フ対象だったのか。

…納得。

posted by holyyell at 23:36| 大阪 ☀| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

テレビの話。

日曜の夜に、家族で観る番組。
「鉄腕DASH」 と 「世界の果てまでイッテQ」。

DASHは、スゴイ番組。
イッテQは、ゴキゲンな番組。

そして両方とも、家族が一緒に楽しめる。

それは…
誰もこき下ろさないこと。
リスぺクトが随所に感じられること。

そして、
出演者どうしのつながりがあたたかく感じられること。


これだよね。
元気をもらえるもの。

ワタシも、自分の番組でそれを大切にしているから
日曜の晩は、再確認の時間。
そして、家族だんらんのひととき。

テレビを囲んだ、数少ないシアワセな時間なのである。
posted by holyyell at 00:35| 大阪 ☁| Comment(2) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

カフェにて。その2・大阪編

ラジオのニュースデスクの仕事が終わって大阪へ移動。

スタジオで「Jフットニスタ」のナレーションを録音する前に
某カフェでノマド。

横のテーブルに座った女子2人の会話に
耳が釘付けでシゴト進まねー。(^_^;)

「人類史上最強クラスの仕事ができない男」とか、

「関西一おもんないギャグ連発上司」とか、

周りのノイズに紛れて刺激的なフレーズが飛び交っているもの。

そのうち
「アメリカが泣いた。」とか… ←ないわ!

で、しばらくすると友達合流ー。
席をずらしてスペースを譲って差し上げると

「ありがとうございまーす♡」だって。

何やら雑誌を広げて作戦会議に入られた。

夏の旅行でしょうか。
うらやましい限りです。(^_^;)

それにしても、人間観察楽しい〜

…って、違うから。

作業ぜんぜん進んでないから。(>_<)

あ、スタジオ行かなきゃ。
posted by holyyell at 19:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

カフェにて。その1・京都編

@京都。

披露宴の打ち合わせまで少し時間があるので
ひとりカフェしていたら、隣の席の中年女性が

 「あの〜」

と、声をかけてこられた。

「何でしょう?」と応えると、

「個人情報についてなんですけれど…」と言いながら

彼女は、自身の困りごとを話し始めたではないか。

はて? 何だ、これ?

見ず知らずの人からの、
まさかの抜き打ち人生相談=B(^_^;)

幸い、時間もたっぷりあることなので
話を伺い、落とし所まで結んだワタシ。
それが彼女にとってのベストかどうかは別にして、
彼女は誰かに言いたかったのだろう。
その欲求が満たされただけで良かったのかもしれない。

席を立った彼女に
「うまくいけば、いいですね」と、ひと声かけると
ニッコリ笑って去って行った。

人間、ゆとりは大事よね。
つい1時間前までは新大阪の新幹線の改札前で
「あー、逃避したーい」と思っていたのに。

京都のおばちゃんに心の向きを変えてもらった気がする。

では、
幸せなお二人に会いに行くとするかー。(^^)
posted by holyyell at 18:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月25日

父のDNA

ある日の会話。

私:「今日、ひとりで留守番してくれるー?」

チビ:「ムリー!」

私:「何で? 」

チビ:「誰か来たら困るから。」
   「どうするー? クロネコです。って来たら」

私:「クロネコですー。とは言わんやろ。宅急便≠ナすって言うよ」

チビ:「じゃあ、クロブタですー。って来たら?」

私:「だから、クロブタとは言わん。」

チビ:「ブタさんがおいしそうで食べられたりしてなぁ。」

私:「うちはグリム童話か!!」



…こんなしょーもないことを考えているアタマの構造は、父譲り。
   ↑ 認める。(>_<)
posted by holyyell at 16:41| 大阪 ☀| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月10日

しげさんと新年会

IMG_1004.JPG

イラストレーターの幸池重季さんとご一緒した午後。

幸池さんは、オリックス・バファローズのマスコット
「バファローブル」「バファローベル」の生みの親です。
しげさん≠ニ、私は勝手に呼んでいます。

ブルくん・ベルちゃんが引き合わせてくれたご縁は、
球団の仕事を離れた今でも続いています。

毎年恒例となった年始のデートは、
今回、しげさんのアトリエにオジャマする形で。
相方のrabiさんも交えた三つ巴のトークでした。
いろんな作品に囲まれながら、楽しく話は弾み、
アッという間に日が暮れました。


価値を生み出す仕事って、大変だよなぁと、改めて。

そして、

だからこそ、楽しいんだよなぁと、改めて。

しげさんやrabiさんとの波長が合った、シアワセなひとときでした。



…そうそう。
昨日(1/8)は、ブルくん・ベルちゃんの誕生日でしたね。
4歳、おめでとう☆


幸池重季さんのブログ →http://ameblo.jp/mop-boy/
posted by holyyell at 00:33| 大阪 ☁| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月11日

そばにあるということ。

最近、我が家が食べ始めたお米。

takata.jpg


岩手県の、
まち全体が津波にのまれてしまった
陸前高田の人たちが、
みごとに水田を復活させて収穫されたお米。

東北の、底力がいっぱい詰まったお米は
ほのかな甘みと、確かな弾力が備わっていて、
噛みしめると笑顔になります。

あの、忌まわしい震災から
3年9か月。

忘れてはならない。
東日本の、被災地への思いが
そばにあるということ。

それが、大事。
posted by holyyell at 23:40| 大阪 ☁| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月06日

大きな、背番号「20」

bb2014-12.jpg

@わかさスタジアム京都

毎年恒例となった少年野球大会の実況です。
J:COM 京都みやびじょんの、開局した年から続くもので、
今年で19回目。地元ではおなじみの大会です。

右京区の少年野球振興会のチームによる秋季リーグ・決勝。
6年、5年、4年以下の部の各カテゴリーで頂点が決まります。

スタンドにはカメラが数台。中継車も使ったプロ仕様の収録で、
試合の模様は、お正月の特別番組として放送されます。

球場では、大会史上初の快挙が達成されて盛り上がりましたが、
私がきょう一番印象に残ったのは、これとは別の小さな快挙=B





担当したのは、4年生以下の部の試合でした。
決勝に進んだチームの片方は、4年生が6人。
野球は9人のメンバーが要りますから、残りは下級生が埋めます。

3年生や2年生に混じるなか、
何と!大会史上初めて、「1年生」がスタメンに名を連ねました。

はい。
この春、小学校に入学した1年生がユニフォームを着て
わかさスタジアムのグラウンドに立ったのです。

9番・センター。

その彼には、試合中2回の守備機会がありましたが、
いずれもきちんと打球を処理し、ボールを投げていました。

また、打席には2回立ち、
第1打席は見逃しの三振でしたが、
第2打席はフォアボールを選んで出塁…。
フルカウントからのボール球。
手が出てしまうところをグッとこらえて選びました。

打席に立つ背番号「20」が
背中いっぱいに見える、小さな選手。

「小さな体をめいっぱい使って全力プレーです」
…なんてことをしゃべっていたら
カメラさんがその背番号を捉え、
スイッチャーさんがモニターに大きく映し出してくれました。

グッジョブです!!

私がその子の親だったら、きっと泣いてる。 (^^)

そんなステキなシーンに巡り合えて、満足☆

あと5年も、彼の成長を見続けられるのかなぁ…と思うと、
楽しみですね。


来年も頑張って勝ち残り、わかさスタジアムへ帰っておいで。
posted by holyyell at 18:54| 大阪 ☀| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月03日

今年も師走。

アッという間。
今年も12月ですね。

11月は、もがきながらバタバタ動いておりました。

と、いうのも…

久々にやってしまったのです。声帯炎。(>_<)


この仕事をしている人の宿命なんですが、
声に対してシビアに生活しているつもりでも、
疲れがたまっている中で
外的要因によってノドを痛めてしまう…なんてことがあります。

コンディションを整えるのはプロとして至上命題。
しかも、中旬以降は
録音モノや神戸マラソン、ウェディングにファンフェスタ。
どれも、とびきりの笑顔で迎えたい現場が控えておりました。

かかりつけのお医者さまには、とりあえず炎症を止めていただき、
修復に万全を期しながら日常の仕事を務めていくという…
営業しながらリニューアル工事をしているお店のような感じ。f(^^;)

おかげさまで、何とか無事に終えられてよかった…と、
ホッとしたのも束の間の寒波襲来。(>_<)
ますますリスクの増えるシーズンに入ってまいりました。

さぁ、今年も残り1か月。
笑顔でフィニッシュを迎えたいものです。
皆さんも、カラダに気をつけて☆
posted by holyyell at 23:59| 大阪 ☁| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月19日

家族が増えました☆

numaebi.jpg

ヤマトヌマエビ、10匹。

まさしく衝動飼い≠ナす。(^^)

琉金、黒出目金、シマドジョウにタニシ…。

小さな水槽の中の生物多様性がさらに増します。

もともと、キンギョ1匹でもずーっと眺めていられる人なので、

これはもう、アッという間に時間が過ぎますねー。

家族そろって水槽に釘付けの日々☆
posted by holyyell at 23:57| 大阪 ☀| Comment(2) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

SMA×SMA(スマ・スマ)

日曜日。
ヨメは仕事で夫は休み…。

で、チビが前から行きたがっていた 「釣り」 にお出かけ。

kaikyou.jpg


海の上に組まれた釣台から糸を垂らして楽しめるスポットです。
西方向に座ると、ロケーションはこんな感じ。
明石海峡大橋を正面に見ます。

水遊びは趣味ですが、釣りは素人同然の私。
よって、サビキです。(^^;)

沿岸に棲む魚が2種類釣れました。
まずは…

suzumedai.jpg

スズメダイです。
きれいですよね。
ただ、型が少し小さかったのと、
「お持ち帰り」 を前提に準備していかなかったので、
チビに、釣りのアタリと生きた魚の感触を味わってもらった後は

リリ〜ス☆

…魚にエサやりに行ったようなもんです。(^^;)

あとは、

isaki.jpg

イサキの幼魚です。
これもリリースを…と思っていたところ、
隣りで釣ってるおじさんが
「このあとアオリイカを釣るからエサに欲しい」 とおっしゃり、

プレゼント☆

結果、十数匹釣りましたが、
クーラーボックスも何にも持っていかなかったため
手ぶらで海釣り公園を後にした親子。


そして、チビは言いました。
「水族館に行きたい」 と。

ライブ感たっぷりのおさかなを見たあとにです。はい。(^^;)


結局そこから移動して、閉園1時間前に到着〜。

sumasui.jpg


ここは、前の園長をはじめ、学芸員の方に顔見知りがいるので、
他人とは思えない親しみを抱いております。

そして、今度は 「展示された」 おさかなを鑑賞。

nettai.jpg

ゆらゆら泳ぐ魚は、ずーっと見ていても飽きません。
確かに、海釣り公園ではこのようなシチュエーションで
魚を見ることはできませんよね。

okoze.jpg

オコゼの整列。
バンゴウ!1・2・3・4・5…。

おさかなとめいっぱい楽しんだ須磨の休日でした。
posted by holyyell at 22:32| 大阪 ☁| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする