2014年06月02日

日帰りカヌー

ふと、思いたち、
家族を連れて川下りしてきました。

大阪にいても暑いし、梅雨には入ってないし、チビは小学生になって土日しか休みはないし…。

よし!カヌー行こう。←何かの観光キャンペーンみたい。



チビが生まれる前にヨメと行って以来ですから、8年ぶりのカヌーです。

行き先はもちろん、和歌山の古座川。

image.jpg

初めて行ったのが10年あまり前で、そのきれいな水と静かな環境が気に入り、「次はヨメを連れてきます。」と川の神様に約束し、その後、ヨメと来た際には「今度は子どもを連れてきます。」と約束したのでした。…で、8年のブランク。


川の合流地点から遡りそうな大ボケもしながら河口までのボートの旅。

風の音、鳥の歌声、水の流れる音…

シーンと静まりかえった中で、それらを満喫しながらカヌーは進みます。

image.jpg

アユ釣りも解禁されたので、途中で何人かの釣り人さんに声をかけながらそーっと通り抜けているうち、トビが頭の上を飛んでゆき、野生のシカにも遭遇しました。これにはチビも大喜び。

image.jpg

河口についても澄んだ水。素晴らしいですね。

チビもカヌーを初漕ぎして楽しかったらしく、またオジャマすることになりそうです。水遊びが大好きなお父さんとしてはウレシイ限り。(^^)
posted by holyyell at 13:32| 大阪 | Comment(4) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

ぐるぐると、ゆらゆら。

20140420.jpg

 増税の直前にタイミングよく(?)壊れた洗濯乾燥機を買い替え、ゴキゲンに動いているニューフェイス君。静かにキビキビ動き、いい仕事しています。ぐるぐる回るドラムをじっと見ながら、知らず知らずのうちに時間が経ってしまいます。

 そういえば、私は尻尾をゆらゆらしながら泳いでいる金魚の水槽を、じーっと眺めるのも好きだったりします。


 要するに、ぼーっとするのが好きなんですよね。(^^;)
posted by holyyell at 00:12| 大阪 ☁| Comment(1) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月16日

思い出とともに。

 いよいよ閉館が近づいたこちら。

140316-1.jpg

 大阪・弁天町の交通科学博物館。
1962年に「交通科学館」としてオープンして以来、多くの鉄道ファンやこどもたちのハートをつかんできたこの施設が、いよいよ来月6日に営業を終了します。

 大阪で幼少期を過ごし、何度も訪れた思い出があります。
そして、男の子の父になり、チビを連れての訪問も3度目となりました。

140316-2.jpg

 展示されている0系新幹線。
ちょうど、山陽新幹線が博多まで延伸された頃、今のチビくらいの年代に初めて新幹線に乗り、帰省をした私。時間は長く感じましたが、ワクワクしたのを鮮明に覚えています。

 別れを惜しむ人がたくさん詰めかけるなか、運転台に入るだけでも長蛇の列でしたが、待ち時間のあいだにそんな思い出話をチビにしていた私。

 チビは 「ふーん」 と興味なさそうでしたが、こうやって遊びに行った思い出が楽しいものとして残ってくれていれば、父はうれしいよ。


 ※ 閉館される交通科学博物館に収められた資料などは、再来年の春に京都・梅小路エリアでオープンする予定の新たな鉄道博物館に移され、展示されるということです。
posted by holyyell at 23:30| 大阪 ☁| Comment(3) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月06日

優先順位

 啓蟄ですねー。
めまぐるしく毎日が過ぎていき、春はそこまで…です。
最近は朝起きてから夜寝るまで、何かと考え事をしていて、「ああでもない」「こうでもない」 なんて思いながら目の前のことに取り組む日々です。

 思考の切り替えは大事。
ニュースを届けるためのデスク業務でも、「ジャガーの赤ちゃん初公開」 なんていうものから 「ウクライナ情勢」 まで幅広い内容への対応、切り替えが求められます。

 対応だけではありません。例えば…
「ウクライナを巡って世界が二分されているけれど、これってロシアの言い分と欧米の言い分、理に適っているのはどっち?」 って、雰囲気ではなくフラットに見ることも大切です。


 ってな具合で毎日を過ごしていると、おのずとやることに優先順位ができてしまい、ブログやSNSはすっかり後回しー、の状態。

 いけませんね。でも、これらは締め切りがあるわけではないので、のんびりやらせてもらっています。ひとまず 「元気にやってます」 の近況報告がてら…。
posted by holyyell at 23:41| 大阪 ☁| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

縁薄き、手袋なり

image.jpg

  この冬、3つめとなる手袋を買いました。
…これまであんまり手袋をする習慣がなかったせいか、どこかでなくしております。最初のは、買って3日目に行方がわからなくなり、2つめは、電車の中で外して持ったまま居眠りし、落としたのに気づかないまま下車していたようです。

  そして、必要なタイミングで手元にないというハメになった手袋。(ーー;)

  そこで、不注意者の私でも安心して持てるよう、廉価なモノをチョイス。
  モンベルのグローブです。アクリル+コットンという組み合わせ。自転車に乗る時などに気軽に使えます。


  そして、この冬4つめ。

image.jpg

  もうなくした…というわけではありません。

転ばぬ先の杖。という意味と、屋外での仕事用に。
こちらは、ウールの素材。まだまだ寒いですから、活躍してくれそうです。

  でも、手袋のお買い求めは、これにて終わりにしたく思います。(^^)

posted by holyyell at 02:04| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

大阪空港にて。

 友人の家族とともに、恒例のお詣りを済ませ、たどり着いた場所はこちら。

140112itami-1.jpg

 大阪(伊丹)空港です。

 ジャンボジェット機を見に行きました。大阪空港では2006年4月以降、航空機の騒音規制により、3基以上のエンジンを積んだ航空機(ジャンボ機)は運航されていませんでしたが、全日空がこの3月末で、保有しているボーイング747型機の最後の3機を退役させ、日本の空から姿を消すことになったことから、かつて就航していた大阪空港にも最後のフライトで立ち寄ったのです。ちなみに、今回飛んできたのは「JA8961」の機体でした。

 ボーイング747は、大阪万博が開催された1970年の4月に日本の空にデビューし、以来、大勢の乗客を乗せて飛び続けてきました。4基のエンジンによるパワフルな飛行と、優雅なフォルム。2階建ての機体は存在感がありましたね。私も一度だけ、2階席に座って移動したことがありますが、何だか嬉しかったのを記憶しています。

 そんな747の里帰りツアー。普段は離着陸できない大阪空港にも訪れ、その姿を見られるラストチャンスということで、早朝から多くの人が訪れたようです。私は友人家族と最後の離陸を見ようと、極寒の中、スカイデッキで1時間半待ちましたが、隣りにいた大学生の男の子は、何と、最初に着陸した夜明けごろの時刻から同じ場所で居続けていたんだそうです。

 それくらい、飛行機ファンにはこたえられない一瞬。

 私はipadのカメラで撮影していましたが、まわりは “筒” のような望遠レンズを装着したカメラがいっぱい。人々の熱も感じながら過ごした夕暮れでした。

140112itami-2.jpg

 午後6時45分。
派手なエンジン音をとどろかせながら滑走路をぐいぐい走り、フワッと目前で舞い上がった747は、名残惜しそうに旋回しながら闇に消えていったのでした。


posted by holyyell at 02:10| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

保育園の帰り道

 仕事中のヨメに代わって、チビのお迎えに保育園へ。日が暮れるのが本当に早くて寒さが身に染みますー。(>_<)
 入園した頃には、「卒園まであと○年かぁ。長いなぁ〜」 なんて思っていましたが、卒園が近づいてくると 「送り迎えするのも、あと何回だろう」 なんて思ったりして…。時の経つのはアッという間ですね。

 帰って、絵本を読んでいるチビを見ながら過ごしていると、インターフォンが鳴り、「宅急便です」 の声が。


 荷物を受け取ると、高校時代の恩師からの、こんなプレゼントでした。

140107present.jpg

 球場のお仕事が終わったのを知って、激励の差し入れ。ウレシイですねー☆
高校を卒業してもう四半世紀が経つというのに、今も気にかけて下さっている先生。ありがたいことです。

posted by holyyell at 19:24| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月02日

年始のびっくりニュース

 今年最初のびっくり…

「これをもちまして、年賀状のやり取りは終えたいと思います」

 と、引退宣言した方から今年も届いた年賀状。


 …あわてて返事を書いた。




 元日といえば、年賀状。
今年もさまざまなアイディアが詰まっていて、見ているだけでアッという間に時間が過ぎ去りますね。

posted by holyyell at 00:43| Comment(1) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

ゴーヤさんと一緒のイベントをご案内

 今夜、1・2・3・4・ゴーヤさんにミナミへ呼び出され…
「堀江さん、今週末のイベントお願いしますねー」 と、軽く打ち合わせ。

 ↓ こんな催しです。
wth goya1312.jpg

 21日・土曜日 午後5時半から7時まで。
場所は、大阪・道頓堀の沖縄料理店 「おぼらだれん」 (ニュージャパンサウナの前) です。バファローズの球団応援歌 “SKY” を歌う、Mega StopperのDOMIさんや、沖縄プロレスのスペル・デルフィン社長が出演されます☆

 で、「私は何してたらいいのー?」 と訊いたら、
ゴーヤさん「適当に、飲んで食べてて下さい。適当に、ステージに上がって何かしてもらいますし。」





 …って、おい。



 そんな、ゆる〜いイベントのようです。お越しになる方は、飲食代をお支払いのうえ、お楽しみ下さい。

posted by holyyell at 01:24| Comment(2) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月30日

ここ数日の風景

 写真はもっぱら風景を撮りたい人なので、カメラのメモリにはそうした画像がいっぱいになってしまいますが、この秋は “あっ” という間に過ぎ去ったので、秋らしさを収めるいとまがなく、冬になってしまいました。(^^;) 唯一の秋らしさは、こちらのおシャシン。

131128.jpg

 久々に訪れた大阪・鶴見緑地のひとコマです。公園に美しい風景はあるのですが、予算が下りてこないのか、整備の行き届いていない感じがあちこちに見受けられ、哀しさを誘います。大阪市内には数少ない緑豊かな公園なんだから、その魅力をアップさせてほしいものです。

 でも、散歩していると、地面に落ちたどんぐりが根を出し、地面の中に張っていく姿を見つけたりして、自然はたくましいなぁと感心したり。力をもらいますね。



 そして、冬が訪れると必ずカメラで撮ってしまうのが、こんな空の色…。

131127.jpg

 澄んだ空だからこそ、夕暮れのグラデーションが美しいのです。惹かれますよね。大好きです。この時期の夕方の西の空。眺めていると、「さぁ、おうち帰ろう」 って、家が恋しくなるんです。



 昨日は、朝から衝撃でした。
何かって…。みやびじょんのスタジオに着いて筆記用具を取り出そうとしたら、ペンケースの中で修正テープが

131129.jpg

 …え〜っと。何でこんなことになるかなぁ? 手荒に扱っているつもりはないんだけれど。(^^;)

posted by holyyell at 23:58| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

感じ力。

 電車で隣の席に座った若者が、コンビニのおにぎりをムシャムシャ食べています。

 炊き込みご飯のおにぎりを食べていた彼が、突然「うわっ!」と小声で驚き、「これアカンわ〜。俺、梅キライやねん」と言いました。


 彼の食べていたおにぎり。パッケージには“梅沢庵”と書かれています。


 そう。「うめ・たくあん」ですね。


 すかさず彼は、横にいる友人に言いました。


 「店の名前やと思うたわ〜」



 …なるほど。



 そういうイメージではあります。「うめざわ・あん」とでも読めましょうか。

 それにしても、元の読み方を知っていれば、こんな失敗にはならなかったでしょうし、こんなブログのネタにされることもなかったでしょう。(^^;)



 漢字力。感じ力。

 ちゃんと備えておきたいものですね。

posted by holyyell at 09:34| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月16日

名誉?の負傷

 久々に湿布の匂いとともに過ごしております。

 先日行われたチビの運動会。親の私は前日から当日にかけて、会場の杭打ちや用具の設営などを担当していたのですが、その際に傷めた手首が日を追うごとに痛みを増してきて、とうとう整骨院通い…。


 訊けば、腱を傷めたらしく、最初は大したことなかった患部も、日々の生活の中で次第に負荷がかかり、熱を帯びて腫れてしまったようです。

 ノートパソコンを片手で持てないレベル…。(>_<)


 私が治療を受けていると、今度はチビの同級生のお父さんが来院。下の息子さんの洋服を着替えさせている際、軽いぎっくり腰になられたようです。

 かかりつけは、チビと同じ保育園にお子さんが通うご両親の院で、その場はさながら“保護者の集い”のようになりました。


 まだまだこれからです。お父さんも頑張らないとねー。

posted by holyyell at 08:56| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

29歳。

 我が家に 「体組成計」 なるものがやってきました。
イマドキは、体重や体脂肪率だけではなく、内臓脂肪レベルや基礎代謝量、BMI、推定骨量、筋肉量まで計れるようになっているんですね。そしてビックリしたのが、それらを基にした「体内年齢」の算出です。

 試しに乗ってみました。結果は…

131009.jpg

 29歳て、あなた…。

 実年齢より15歳も若いというのは大変ウレシイのですが、ある意味プレッシャー。(^^;) ←それを狙ったサバ読み表示か? と思ってしまいますが、メーカーであるTANITAのホームページによると、

 体の組成と基礎代謝の年齢傾向からタニタ独自の研究により、体内年齢を表示します。 とのこと。

 いずれにしても、若いと言われてイヤな中年はどこにもいないので、維持に向けて頑張ります。←すっかり乗せられてるし。


 ちょうど、所属事務所から独立したのが29歳でした。今から思えばパワフルだったよなぁと思います。がむしゃらに、いろんなことへ取り組み、いろんなものと闘ってきた15年でしたが、神様が 「お前、まだまだ若いんやから、もっと頑張れよ」 と仰っているようにも感じます。

 とはいえ、美容と健康のために夜更かしはいけません。←何を目指してるねんな?

 またお会いしましょう。オヤスミナサイ☆

posted by holyyell at 01:53| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

今日のお父さん

131006.jpg

 秋晴れのもと、チビの運動会。



 …燃えつきましたー!


 ↑ 親父がかいっ!!

posted by holyyell at 16:31| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月02日

365分の1、の元日。

130102.jpg

 このようなものをいただきながら、キーを叩いております。

 甲州は勝沼のぶどう産地で去年採れた 「甲斐路」 と 「ベリーA」 を原料に、酸化防止剤を使わずに醸造されたワイン。フルーティで、さらっとした飲み口。…いけません。どんどん進みます。(^^;)


 さて、年が明けた2013年の元日。
仕事がお休みだったため、朝はゆっくり起き出し、氏神さまへお参り。元日の午前に氏神さまへ伺ったのは、もう何年ぶりだろう。

 むちゃくちゃ地味で、庶民感覚あふれる地元の神社に、今年の安全と健康を祈願。そのあと実家に顔を出しました。

 つけてあったTVを消し、こたつを囲んで親子が会話。

 いいもんですね。TVはついていると寂しくないのでしょうが、同じような顔ぶれによる、たいした中身のないトークにお付き合いするのは、時間がもったいない…。

 シーンと静まり返った部屋でゴロンと横になって、届いている年賀状に目を通したり、母親が台所で洗い物をしているその水音を聴いたり、外で鳴いている鳥のさえずりに耳を傾けたり…。

 贅沢な時間の過ごし方でした。


 いただいた年賀状も、印刷だけでなく、ひと言添えられていると嬉しいですね。形式じゃない、その人の心が見えるひと言…。

 大先輩からのが沁みましたねー。

 「しっかり生き残りましょう」

 ホンマ、そうです。同業者の中での競争ではなく、構造的な淘汰による生存競争。現実を示唆した、しかも、重みのある言葉でした。

 この先輩には、これまでにも数々の言葉をいただき、今の私を形作って下さっています。20代の半ばには 「この5年が勝負です。しっかり頑張って下さい」 というメッセージをいただきました。ちょうど、ニュースや高校野球、みやびじょんの仕事が始まったころです。始める時のエネルギーはたくさん要りますが、軌道に乗せるための努力は違う意味でより必要です。それを実感しながら取り組みました。結果、今もこうしてその仕事が続いています。

 人との出会いに導かれ、実のある声に導かれ、ここまでやってきました。でも、まだまだやり切ったという感じは抱いておりません。


 さぁ、今年も攻めていきましょう。

posted by holyyell at 00:26| Comment(4) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

撮影禁止のワケ

 先日、チビの保育園で発表会があり、成長した様子を映像に収めました。遠くに離れて住んでいる“ばあば”に見てもらうためにも…。


 ところが、小耳に挟んだところによると、園の行事では今後、ビデオはおろか、写真の撮影もできなくなりそうな雲行きだそうで。(>_<)


 話を聞いていると、撮影のマナーが悪いから…という理由ではないようです。

 今どきは、父母が撮影した画像や映像をネットの共有サイトやブログなどにアップするようですね。それが、一緒に写り込んでいる他のお友だちや家族のプライバシーを侵害するというのが、本筋のようです。


 ワタシは、そういうことを避けたいので、家族の画像をネットにアップするなんてありえないんですが、世の中には、ハードルが低いというか、抵抗なくそういうことをやっちゃう人がいるようです。


 後ろに映りこんでいる風景なんかで、生活しているエリアが見ず知らずの人に特定されたりするの、困りますよね。私は巻き込まれたくないし、イヤだなぁ。

 プライバシーに関するモラルは守らないと…。

posted by holyyell at 18:16| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

写真で近況を…

 もう、すっかりごぶさたしているブログの投稿。
twitterの便利さにかまけて、長い文章を書かない習性が身についてしまいました。いけませんねー。ただ、140文字で簡潔に論述する “コメント力” については、少し身についてきたように思います。何かを得ようとすると、何かを手放さなければならない。…? ちょっと違うか。まぁいいや。


 そんなわけで、短文投稿です。←え〜〜っ!!
行く先々で、携帯電話のカメラ機能を使って写真を撮り、twitterにも上げたりしているのですが、なかなかタイムリーにできなかったりしたものを、まとめて載せておきます。

 まずは、先日オープンした阪急百貨店のうめだ本店。
9Fから4フロアぶち抜きの空間は、開放感ありましたねー。その一角に展示されていた商品。…オブジェじゃないんです。商品だったんです。

121109-3.jpg


121109-5.jpg

 お値段はいくらだと思います?
正解は、こちら…

121109-2.jpg

 身長5m近いキリンさんは、車が1台買える値段でしたー。

121109-4.jpg

 シマウマさんも、軽自動車が余裕で買えるお値段…。スゴイですねー。チビには、商品であるということをナイショにしています。(^^;)





 「秋の日は、つるべ落とし」 と言われます。
秋の夕暮れの情景は、それはそれは美しいのですが、シャッターチャンスは限られています。その一瞬を逃すと、あっという間に色合いだとか、明るさだとかが変わってしまう…。

 
121109-6.jpg

 先日、twitterにもあげましたが、ラジオ関西のディレクター・せっきーたちとバーベキューに行った際に撮影した、明石海峡の夕景。もう、冬の趣を醸し出しています。


121109-7.jpg

 市街地でも、空が開けているところでは、こんなきれいな夕方の空を眺める機会があります。私は、こんな情景が好きです。


121109-1.jpg

 チビと遊びに行った、吹田市内の大きな公園。千里北公園のひとコマです。斜面があって、広場があって、プールがあって…。子供のころから大好きな公園。チビもお気に入りのようです。





 野球のシーズンオフは、少しユルユルと過ごしている感じの私。このオフは、大好きな落語を生で観る機会を増やそうと思っています。

121109-8.jpg

 上方落語の定席、天満天神繁昌亭。
こじんまりとした、演者の方の息遣いが感じられる素晴らしい場所です。天井に吊るされている多くの提灯は、この施設を建設する際に寄付などをした個人や団体の名前が記されています。私も微力ながらその輪に加わらせていただきましたが、その証がちゃんとそこに残っているというのは、うれしいものです。

 先日は、桂文也さんと笑福亭枝鶴さんの二人会におじゃましました。
枝鶴さんとは、ラジオ大阪の番組でご一緒して以来のおつきあい。お二人の個性がにじみ出た、じっくり聴けて、大いに笑えた、素敵なひとときでした。やっぱり、噺ってええもんですね。また、ちょくちょく寄せてもらいたいと思います。


 そんなこんなの1か月。あっという間に過ぎ去っていきました。
今年も残り少なくなってきましたが、このあともよろしくお付き合い下さいませ☆

posted by holyyell at 04:27| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

山と川と休日と。

 友人家族と日程を合わせて、ささやかな夏休みの旅行は、京都・南丹の美山へ。

 近畿北部の清流・由良川の上流域にあたるこの里は、自然豊かで色美しく、空気も水も澄んでいました。

120822yura-r1.jpg

 チビを連れ出し、お父さんは川遊び。

120822yura-r2.jpg

 写真の中央にいるのは、ヨシノボリです。渓流に棲むさまざまな魚の稚魚や、水生生物がいろいろいて、童心に帰る私。そして、川の生物の達人である友人はみごとに 「イモリ」 をゲット。…私はもっぱら 「オタマジャクシ」。(^^;)

 で、どんなものが川に住んでいるのかを子供たちにも判りやすく見せようと、友人が用意した白いバケツの中には、こんな世界が広がっていたのでした☆

120822-yura-r3.jpg

 そのあとは、チビを浮き輪につかまらせてひと泳ぎ。プロフィールの趣味の欄に “水遊び” とあるのは、こういうことです。きれいな川で泳ぐの、とっても好きです☆ 幸せな時間でした。


 一方、ヨメどうしは、同じ時間帯にこんな景色の中を歩いていたのだそうです。

120822-yura-r4.jpg

 リピーター宣言したくなるような、とっても素晴らしい場所でした。

 車で10分少々走ると…

120822-yura-r6.jpg

 かやぶきのお家の集落があって、日本の山里の風景が心落ち着かせてくれます。

120822-yura-r5.jpg

 レトロな郵便ポストも健在☆

120822-yura-r7.jpg

 鹿肉のお重も、歯ごたえがあっておいしかったです。(^^)

posted by holyyell at 01:07| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

プチ避暑

 夏のお休み。
あんまり暑い日が続いているので、チビと友人の子を連れて 「六甲山」 へ。目的地は、標高およそ850mに位置する六甲山カンツリーハウスの周辺。市街地に比べて気温が5〜6℃低いと言われていますが、今日は風もあって体感的には25℃くらいかなぁ。…とっても爽やかで、心地よい時間でした。

120807-rokko1.jpg

 鳴いているセミも、都心でヒステリックに合唱する 「クマゼミ」 なんかではなく、情緒あふれる 「ヒグラシ」。 こんな音なら、毎日朝から聴いてもいいくらい。どんどん鳴いて〜って感じです。

120807-rokko2.jpg

 時折、雲が広がって雨がパラつくこともありましたが、それも気温を下げるのにひと役買いました。そんな 「六甲山カンツリーハウス」 では、来月2日まで “真夏の雪まつり” を開催中。←冬場に人工スキー場を営業している強み☆ ゲレンデを下った一角に雪の広場を作り、戯れて涼を取ってもらおうという趣旨で、時間によっては子供たちを対象に宝探しゲームも開催しています。

 私もチビと一緒に 「ナンバリングされたスーパーボール」 というお宝を掘り当てましたが、引き換えたのが、こちら。

120807-ticket.jpg

 神戸・ハーバーランドにある温泉施設の優待券 (こどもの招待券つき)。はい。氷の中から温泉を掘り当てた気分です。(^^;)

 チビたちは、このほか園内でゴーカートに乗ったり、そりすべり、ペダルボート、トランポリン…と、さまざまな遊びで夏の一日を満喫しましたが、帰り際にチビに 「今日一番楽しかったのは何?」 と訊いたら、帰ってきた答えが…

 「コイのえさやり。」

 おジイかっ!!


 夕方まで遊んだあとは、車ですぐのところにある 「六甲ガーデンテラス」 へ。
展望施設やおみやげ物のショップ、飲食店などがおしゃれにまとまった “山の上のお庭” って感じ。中でも、前から来たかったのが、おととしの夏にオープンした自然体感展望台 「六甲枝垂れ」 です。

120807-sidare1.jpg

 全体を覆うヒノキのフレームや、六甲の花崗岩をベースにした外観。
それに、ただの展望台ではないのが、六甲の気候を生かした “エネルギーの循環” を感じられるしくみです。

120807-sidare2.jpg

 冬の間、気温が氷点下になるのを利用してここに氷を作り、それを切り出して、建物の中にある “氷室” に収めます。そして、夏になるとその扉を開放し、中に風を通すことで、外気温よりも低い風が建物の中をくぐりぬけて外へ出るという、“呼吸” を感じさせる造り。

120807-sidare3.jpg

 スタイリッシュさを感じさせつつも、落ち着きのあるデザイン。
もう20年若かったら、デートスポットに使えるよね。と、ヨメと談笑しながら降りてきたのでありました。


 そして、車でおよそ2時間のんびり走り、我が家へ帰った私。
この、街なかのウダウダ感に、山へ舞い戻りたい気持ちでいっぱいになったのは、言うまでもありません。

posted by holyyell at 00:52| Comment(0) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

on滋賀。

Biwakohan.jpg

 寒々しい雰囲気ですが、初夏の琵琶湖畔です。(^^;)
えぇ。今日の午後の様子です。

 大型連休に仕事が立て込み、家族で遠出…というわけにもいかなかったので、ズレズレの日程ですが、友人家族とともに 「レジャー」 としてお出かけ。

 最初に訪れた “琵琶湖博物館” (草津市) では、琵琶湖ゆかりの様々な魚や生き物たち、環境保護(水質保全)の歴史などについてを、水槽や展示を通して見てきました。シースルーのトンネルで魚を見るのって、いいですね。

biwako-hakubutsukan.jpg

 数多くの水槽の中には、ビワコオオナマズやビワマス、ビワヨシノボリなど琵琶湖・淀川水系固有の品種のほか、スゴモロコやニゴロブナなどの絶滅危惧種、そして、それらを駆逐するブラックバスなどの外来種が分けられて展示されていたのですが、私の中で意外だったのは、ブラックバスよりもブルーギルの方が琵琶湖に放たれた歴史が古いのだとか…。「へぇ〜」 っていう言葉を随所で発しながらの、博物館めぐりでした。


 そのあと、せっかく来たのだから湖畔に行って羽を伸ばそう!と、湖岸道路をひた走ったのですが、車の入りどころを過ぎてしまったりして右往左往…。(>_<) 週末の朝番組を担当していた時に、「ドライブは計画的に☆」 とリスナーさんに伝えていた私が、これですわ。(^^;) ←オチにもならん。

 かくして、友人家族を巻き込んでの迷走の末、たどり着いたのは 「マイアミ浜」。…冒頭の写真のところですね。雨上がりのびわ湖は濁り、空には灰色の雲が覆っていて、とてもテンションの上がるものではありませんでしたが、子どもたちはそれなりに楽しんでいたようで、大人もひとときの休息が取れ、ホッとしました。


 今日の教訓…カーナビは、あっても、土地勘のないところではあんまり役に立った気がしない。むしろ、ちゃんとした地図を車に積んでおこう。

 早速、家の中へ持ち帰っていた “マップル” を車に戻そうとしている私なのでした〜。

posted by holyyell at 23:55| Comment(2) | 日頃の行い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする