2017年03月05日

いちごとクリーミーバニラのマリアージュ

このコラボは第3弾となりました。
キリン「午後の紅茶」×グリコ「ポッキー」

今年は、午後の紅茶が「いちごティー」
ポッキーが「クリーミーバニラ」

口の中で合わさると…
あ〜ら不思議!
いちごのショートケーキ≠ンたいな味わい☆

という触れ込みに
まんまと乗ってしまうオッサン1名。(;^_^A

IMG_3609.JPG

さっそく食べてみると…

あー。
なるほど。
言われてみれば、確かに感じます。
が、紅茶の方はフレーバーティーなので
やはり渋みが残ります。
ポッキーのバニラが勝ってしまう感じ。
渋みを少し抑えていちごの甘酸っぱさが立ったら
もう少しケーキ感が出るかも…と、
素人ながら感じた次第であります。

しかし、
初年の「バターとカスタードのポッキーミディ」と
「午後の紅茶 ほんのりシナモンのアップルティー」の
掛け合わせによるアップルパイ

去年の
「レモン風味のポッキーミディ」と
「午後の紅茶 恋のティーグルト」の掛け合わせによる
レアチーズケーキ

とまぁ、アイディアは楽しいものばかり。
こういう遊び心は、いいですよね。


それにしても、
香料、おそるべし〜。


posted by holyyell at 22:29| 大阪 ☔| Comment(0) | 菓子博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

誕生日のお祝いに

先日迎えた誕生日のお祝いに、と
Shiho隊員が贈ってくれたのは…
日本酒

IMG_2779.JPG

ほほぉー。
日本酒が似合うオッサンになったかー。

…違うらしい。

今年開催された伊勢志摩サミットで
食中酒として供された
三重県名張市の瀧自慢酒造さんによるお酒
「辛口純米 滝水流」

話題になったお酒をぜひ☆
という、やさしい後輩なのでした。

IMG_2780.JPG

→お酒についての詳しいエピソードはこちらを…


さらっとした飲み口。
冷やしておいしく。
あと、少し氷を入れたライトな飲み方でゴクリと☆

IMG_2781.JPG

おいしー。(^^)


posted by holyyell at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 菓子博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

ミルキー×いちご大福

131205.jpg

 和風ミルキー・いちご大福バージョン。

 …なかなかに、やりますなぁ。今どきのお菓子。味わいを表現するために、2層構造にした新しいミルキーだそうで、いちご・みるく・あずきの風味が絶妙です。

 ちなみに、「いちご大福」 というカテゴリーは、カントリーマアムにもあるそうで、不二家さん、女子のハートをしっかり掴むのに余念がありません。 ←結果、オッサンのハートも鷲掴みにしていらっしゃいますが…。

posted by holyyell at 23:39| Comment(0) | 菓子博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

律儀な隊員の話。

 きょうはバレンタインデー。

 滋賀県彦根市のゆるキャラ 「ひこにゃん」 のもとには、全国から数百個のチョコレートが寄せられたのだとか…。世の男性陣がジェラシーを覚えるニュースですね。

 私のもとには、うちの律儀な隊員からギフトが届いていました。
岡山の地ビール 「独歩」 の、冬季限定スペシャルビール、“ホワイトチョコレート独歩” です。


 説明書を見てみると… ホワイトチョコレートが生地のビールにマッチするように、麦芽の組み合わせや配合を工夫したそうで、カカオエキスやオレンジピールを使うことで、チョコレート風味をうまく引き出したんだとか。ホワイトチョコレートの独特のまろやかなミルクの風味とほのかな甘みを、ビールで楽しめるという飲み物です。

 その地ビールを、今日は晩ごはんと一緒にいただきましたー。

130214.jpg

 確かに、口に含むと甘〜い風味が広がる不思議が楽しめます。やるなぁ、隊員☆

 実は、隊員はこのビールと…

120_b[1].jpg

 ガトーフェスタ・ハラダのガトーラスク 「グーテ・デ・ロワ」 (←写真は、会社のページから拝借) を一緒に送ってくれたのですが、こちらは夜食にいただきました。

 隊員というのは、仕事先でひそかに楽しんでいた 「南港菓子博」 という、“お菓子のネタ見せ” のようなお遊びにつきあってくれた、Shiho隊員のことです。仕事から離れてずいぶん経ちますが、ちゃんとつながっているというのはウレシイですね。


 これで、ホワイトデーに向けて大いなる宿題ができました。


posted by holyyell at 23:21| Comment(0) | 菓子博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月31日

炭酸飲料とリアリティ

 久々のお菓子リポートです。きょうは“炭酸飲料”。

120830-d.jpg

 サッポロ飲料が発売している、ゼロカロリーのラインナップ。「ZeroSparkling グレープフルーツ」 です。果汁が入ってゼロカロリー…というのがウリで、さっぱり系の味が夏のこの時期にはうれしいですね。確かにゼロカロリー特有の、甘味料の余韻が舌に残る感じはありますが、気にならないくらい “果汁感” の部分で頑張ってくれています。

 大したもんだなぁ。と、感心しながらパッケージの裏面にプリントされている原材料の一覧を見ると…

120830-p.jpg

 中央やや上、酸味料の右隣に “苦味料” の文字が。


 に、苦味料!?

 調べてみると、グレープフルーツなどの果皮や果汁などから抽出、分離されてできるものがあり、ナチンジンと呼ばれるそれは、かんきつ類の苦味成分として表現されるのに用いられるようです。

 食品添加物には、いろんなものがあるんだなぁ〜と、感心しきりの夏の終わりでした。←何だか自由研究のような感じ。(^^;)

posted by holyyell at 00:05| Comment(0) | 菓子博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

幸せの特濃ミルク

 今さら…ではあるが、
これは本当に幸せな気持ちにさせてくれる“アメ”だ。

120324-tokunou03.jpg

 UHA味覚糖の 「特濃ミルク」。
なかでも私は、“塩ミルク” のバージョンに一途☆
パッケージにも書いてあるとおり、オーストラリア産の 「レイククリスタルソルト」 が “たるさ” を排し、ミルクのおいしさを伝えてくれる。

 先日たまたま買った、持ち歩きに便利な箱入りタイプのものを舐めながら、何気なく包み紙を見てみたら…。


 やられた。(^^;)

120324-tokunou02.jpg


 ちょっと見て〜!! ウシが歯を磨いてるし。
ほかにも、自転車に乗ったり、ギター弾いたり、読書したり、スキーしたり、座禅組んだり、野球したり、テニスしたり、カラオケしたり、求愛したり、散歩したり…。

120324-tokunou01.jpg

 やや力が抜けた感じの画風が、いちいちカワイイのだ。

 食べる楽しみがまたまた増えてウレシイ、週末の夜。(^^)

posted by holyyell at 22:29| Comment(0) | 菓子博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

バレンタイン・ビール

 南港菓子博でおなじみのShiho隊員が、バレンタインのギフトを届けてくれた。

120214.jpg

 ベルギーのチョコレートの横に佇んでいるのは、チョコレートドリンクではない。ビールだ。三重県・美杉の地ビール 「火の谷麦酒 〜Valentine Porter」 。焙煎されたモルト (チョコレートモルトと呼ばれるが、甘くはない。) によって生み出される褐色のビール。ほんのりチョコの風味を感じる黒ビール…と銘打っているが、飲んでみるとまさにそんな感じがした。冬の夜にピッタリの、深くて濃い味♪

 彼女は数年前にサッポロビールが出しているバレンタイン仕様の黒ビールをプレゼントしてくれたことがあって、それをたいそう喜んだのを覚えていたのだろうか、今回もひと味違うアイテムを送ってくれた。バレンタインのこういう “変化球” は、とってもウレシイ☆ そして、プレゼントというものの醍醐味を感じさせてくれる一品に、我が 「南港菓子博」 隊員として、誇らしく思うのであった。

posted by holyyell at 00:41| Comment(0) | 菓子博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

仕事終わりのごほうびに

 仕事がいつもより少し遅めのアップだったので、途中で何か食べてから帰ろうと、こちらも仕事帰りだった “Shiho隊員” (←お〜、懐かしの響き。) と合流。お好み焼きを食べながら、ほどなく菓子博の始まり。

 彼女とは、南港菓子博 (←もちろん、非公開☆) の実行委員として、毎週、あちこちから不思議な、あるいは美味なるお菓子を持ち寄り、密やかに開催してはブログにアップする…という行為を続けていたのですが、私がFM COCOLOの勤務を離れてからというもの、こういう不定期な楽しみになっているのです。そして、こともあろうに、隊長である私が、今日はお菓子の持ち寄りを失念してしまうという大失態を演じてしまい、出展はShiho隊員のみ。


 さて、そのお菓子はこちら…

120105.jpg

 左が 「黒胡麻黒糖」 。まさにブラック・ブラックです。
“沖縄産黒糖使用” “しょうが風味” とパッケージにありますが、まさにその通りっ!! サクッとした歯ざわりのキューブ状菓子は、ピリリとしたしょうがの味と、黒糖の濃厚な甘み、そして黒胡麻の香ばしい風味、さらにはゆず皮のさわやかな隠し味がベストマッチ☆ …大人のお菓子です。有限会社 珍品堂という、沖縄県糸満市の会社によるゴマ菓子。 「現代人に不足しがちなカルシウム、鉄分が豊富に含まれています。」 と説明書きがありますが、“サンゴカルシウム” が原材料に使われています。その下の栄養成分表には、100gあたり、エネルギー・551kcalと…。半分食べたところでこれを読み、「見なかったことにしよ〜うっと。」


 そして、写真右は 「ちょこっと気餅」
チロルチョコの詰め合わせです。ミルクのもちと、イチゴのもちがあわせて10個セットになった商品。
こちらは、ホワイトチョコのやさしさと、いちごの香りが愛らしいチョコの味わいが楽しめます。お正月のおめでたい雰囲気にピッタリの一品ですね。


 かくして、それらのお菓子を家でこの時間に食べながらこれを打っている私…。Shiho隊員、こんなリポートで、よい?

posted by holyyell at 00:25| Comment(0) | 菓子博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

メープルシロップ くるみ

 さぁ、久々の “ひとり菓子博” にございます。
今日の商品は、こちら☆

111023kurumi.JPG

 東京・杉並にあります食品の企画販売会社 「福楽得」 さんの商品、「メープルシロップ くるみ」。
ローストされたクルミのカリッとした歯ざわりと、特有のほんのりとした苦味。それに絡んでくるメープルシロップのやさしい甘さと香り…。

 姉妹品には 「塩キャラメル」 「ほんのり生姜」 というバージョンもあるようで、購入したお店の棚には「塩キャラメル」 が並んでいましたが、私は二者択一ならメープルだなぁ…。という単純な好みで手に入れ、電車の中でパリポリ…。手にベタつかず、空いていた小腹と気持ちが満たされ、幸せになる “ちょこっとサイズ” もよかったなぁ。

posted by holyyell at 20:55| Comment(0) | 菓子博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

復活祭☆

110803_0827~01.jpg


 今日は、単発の番組収録のため、大阪南港にありますこちらのビルへオジャマしてきました。そう、WTC (大阪ワールド・トレードセンタービルディング) です。ここにあるFM COCOLOでの収録。


 COCOLOといえば、去年の春までニュース勤務で通っていた “元・職場” です。そこでは、毎週、Shiho隊員なる人物 (←女性。) と気になるお菓子を持ち寄り、それを食べ比べながら、周りのスタッフとのほっこりした時間を過ごす 「南港菓子博」 という、ささやかな催しを行っておりました。←完全クローズドのイベント(?)です。


 久々に伺うスタッフルーム。当然、私のカバンにはお菓子を忍ばせております。そう、1日限りの菓子博・復活祭なのです☆


110803_1007~01.jpg


 まず、私の持ち寄りは2品。「白胡麻太鼓」 と 「谷口農場のスィーツトマト」 です。
「白胡麻太鼓」 は、熊本に本社のあるオニザキコーポレーション (ゴマを主力とする食品メーカー) の商品。スーパーなどに行くと、オニザキの商品は切りゴマや煎りゴマがパック入りで売られていますが、これは、お菓子です。ゴマにアーモンドと大豆を加え、水あめで練り上げたおこし風のもので、一枚に含まれるゴマの量は何と4000粒ほどだそうです。栄養たっぷりですね。ほどよい堅さと甘さで、濃厚なゴマの風味と心地よい歯ごたえが楽しめます。


 そして、「谷口農場のスィーツトマト」。
北海道の旭川にある、100年以上の歴史ある農場・谷口農場の畑で取れた、特別栽培のおいしいトマトをゼリーに仕立てたものです。甘夏を隠し味に加えているそうで、甘さと酸味のバランスが絶妙。冷やして食べるとすこぶるおいしいのです☆


 続いて、Shiho隊員の持ちよりは、こちら…

110803_1024~01.jpg

 「ムーミンのクッキー缶」 と、「フライドシュリンプチップス」 の2品です。
「ムーミンのクッキー缶」 は、ムーミン谷の住人たちを模った小さなクッキーが缶の中に詰まっています。ほのかに感じるシナモンの風味が北欧のイメージを膨らませてくれますが、製造は日本国内です。


  そして、「フライドシュリンプチップス」 は、早い話、東南アジア風のえびせんです。タピオカの粉を主体に、エビが練りこんであって、ビールのおつまみには最適☆な一品でした。


 たまーに、こうして持ち寄りながら刺激を感じるのって、いいよなぁと思います。また、どこかでできればいいなぁ…。





 ※ ちなみに、収録した番組は、ビジネスソリューションに関わる内容で、今月12日・金曜日の朝6時30分からFM COCOLO (76.5MHz) で放送されます。興味がおありの方はぜひお聴き下さい☆
posted by holyyell at 00:23| Comment(2) | 菓子博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

クレパス風ラムネ?

hata.jpg

 どことな〜く、懐かしい気がしません? このパッケージ。
そう、大阪市に本社のあるサクラクレパスのヒット商品をイメージしたものです。

 「ハタ クレパス風 ラムネ」 と書かれてあるこの商品は、同じ大阪市のハタ鉱泉という会社が作ったもので、先日、スーパーマーケットで売られていたのをみた私は、即買い。パッケージにヤラれました。

 ハタ鉱泉といえば、皆さんご存知の 「ラムネ」 。生産量では全国のトップメーカーで、シェアの半分近くを占めるそうです。ほかにも、クリスマスのシーズンになると小さな子はお世話になっていたノンアルコールの発泡性飲料 「シャンメリー」 や、昔から関西で親しまれている 「みかん水」 「ニッキ水」 などを長年にわたって発売している会社です。


 この 「ハタ クレパス風 ラムネ」 は、6色入り。もちろん、絵は描けません。
それぞれ、異なる果実の風味がつけられているのですが、色のイメージとは違っていたりして、なかなか楽しめました。これは何味だろう? と予想しながら飲んで、全然違う味だったりして…。色素は天然のものが使われ、お子さんにも安心です☆


 気温も上がってきましたし、“シュワッ” と爽やかにいきたい時に、いいですヨ。 …っていうか、お子さんが喜びますよ、きっと。 ←我が家では私がいちばん喜んでいたりする。


posted by holyyell at 00:22| Comment(5) | 菓子博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

ほわっと、ピリリ

 堅い話ばかりも何なので、今日はお得意の? “菓子博”シリーズです。

 先日、近所のスーパーで見つけた、こちらのポテトチップス… “七味唐辛子”風味です。

110329_1206~01.jpg

 カルビー・ポテトチップス「こだわりの七味」。京都・清水寺のお膝元にある名店、七味家本舗さんの商品を100%使用して風味づけがなされているそうです。

 封を開け、ひと口かじると、山椒のふわっとした柔らかく芳しい風味が鼻の奥をくすぐり、シャープな唐辛子の辛味が舌をピリッとさせます。


 「ほわっと、ピリリ…」の、絶妙な取り合わせ。
あっという間に夫婦で完食したのは言うまでもありません。
posted by holyyell at 09:33| Comment(0) | 菓子博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

今度はグミで。

110204_1037~010001.jpg
キリンビバレッジが発売している「世界のキッチンから」というジュースは、各地で様々に伝えられている果物のおいしい食べ方を、ジュースという形に仕立てたもので、リッチな味わいが魅力的ですが、今回はグミキャンディにもなりました。

岡山に本社のあるカバヤ食品が商品化し、今日食べたのは、“煮りんごのアップルモーア”のバージョンです☆ キューブ型のやわらかい感触で、口に入れるとフルフル感いっぱい。煮詰めたりんごの濃厚な味わいジュワッと広がります。←果汁は飛び出しませんが、それに匹敵するようなテイストです。

ジュースでは“とろとろ桃のフルーニュ”がお気に入りだったので、今度はそのバージョンも食べてみたいと思います。
posted by holyyell at 14:47| Comment(0) | 菓子博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

今年もやはり…

 お菓子の人です。(笑)
あけましておめでとうございます。今年も懲りずにお付き合い下さいませ。

 新年最初の投稿は、初詣に京都へ行った道中でみつけたお菓子あれこれです。
まずはこちら!


110105-1

 ええ、そうなんです。光っているんです!
でも、電化製品じゃ、ないんです。お菓子です。ついていたタグには「ライトアップキャンディ」と記されておりました。どうやら、ハロウィンのシーズンに売られていた、その残りのようですが、コンビニで見つけて気づけばレジが“ピッ!”って言ってました。←まさしく衝動買い。

 柄の部分の先端がスイッチになっていて、押し込むとライトが光り、透明感あるオレンジ味のキャンディがキラキラと光ります。チビに手渡したら大喜びで舐めていました。…ちなみに、食べ終わったらただのライトになってしまいます。再利用のためのアタッチメント(アメ)は存在しないようで、まさに“その場限り!!”


 京都では、初詣の客を相手にさまざまな屋台が出ていて、あちこちから放たれるその匂いにフラフラ引き寄せられましたが、「裏路地では人の胸倉を掴んでいる」ような雰囲気の漂う強面の兄ちゃんが、一心不乱に焼いていたのは“ベビーカステラ”…だったりして、そのアンバランスさに、思わず財布のヒモが緩んでしまいました☆


 祇園・八坂神社でお参りをしたあと、四条通に面した飴屋さん「祇園小石」の茶房でひと息。ここでは、上品な甘味が楽しめるのですが、私は「あめやさんのキャラメルあんみつ」を注文。


110105-2

 クリームとキャラメルがうまく絡み合い、寒天や白玉との相性もバッチリで、年始早々、幸せな気分に浸りました〜。お値段、950円なり。
posted by holyyell at 03:30| Comment(2) | 菓子博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

菓子博・年末スペシャル

 最近「お菓子の人」と呼ばれ、時には「女子アナか!」と周囲にツッこまれる堀江です。
日々、お菓子を持ち歩き、小腹を満たし、心とお腹を肥やしている私ですが、しばらくブログを更新しない間に、ネタがどんどん溜まる一方で…。よって、今回は「スペシャル」でお届けします。

 まずは、ジンジャーから。


101219-3

 気温がグッと下がった先週から、風邪をひいている方が急に増えた印象です。この時期、身体の冷えは大敵…。ということで、ジンジャー(しょうが)です。
この日は底冷えのする京都での収録ということで、かばんの中には「ドライジンジャー」と「シロップ漬けがおいしい ジンジャーのど飴」の2つを忍ばせて現場入り。
 「ドライジンジャー」は、早い話がショウガの砂糖漬けです。ライムの果汁が絞ってあり、さわやかな風味も楽しめるなかなかのアイテムで、食べた瞬間にガツン!と来るピリピリ感と、そのあとしっかり暖まるダイレクト感がいいですね。
 「シロップ漬けがおいしい ジンジャーのど飴」は、カンロの製品です。ジンジャーを効かせたカンロののど飴といえば、以前、「大人ののど飴」シリーズをご紹介しましたが、こちらはズバリ、ジンジャーが主役。公式サイトには「シロップ漬けしたジンジャーのペーストを閉じ込めました。ピリッと効いたジンジャーとまろやかなはちみつがおいしいのど飴です。」とあります。舐めた感じは「大人ののど飴」のレモンテイストに近いような感じでさわやか。だんだん溶けていくと、中からシロップ漬けになったジンジャーのペーストが、まるではちみつがトロリと溶け出すように舌に絡みついてきます。なかなか良い感じで最後まで楽しめました☆ 後味もスッキリです。


 続いては、苺、イチゴ、いちご…

「goonew」

101219-1

 飲み物です。果汁を、ポップな味わいでおいしく楽しませてくれるミニッツメイドの新シリーズ。
 飲み口が広くて、グビクビいける感じ。トロ〜ンとした乳酸菌飲料をベースに、イチゴのさわやかなフレーバーと、クラッシャブルなナタデココが入っていて、なかなか満たされる感じ。朝、時間がなくてご飯を食べられなかった…なんていう時には、結構助けられそうです。味はほかにバナナやパイナップルがラインアップされていますが、イチゴ好きな私は、これです。


「特濃8.2 苺ミルク」

101219-2

 大好きな特濃8.2シリーズ(UHA味覚糖)の季節限定バージョン。この時期は、やっぱりコレですね。
 ベースのミルクキャンディは“総販売数・1億袋達成!”という、あのヒット商品。←このうち私は何袋食べたんでしょうか…。それに、厳選素材の福岡県産あまおうの果汁がミックスされた「いちごミルク」味。濃厚なミルク層に包まれたあまおうの上品な酸味と甘さが、めくるめく口の中で踊ります。贅沢で満足なひとときが味わえます。


 …とまぁ、相も変わらず糖分補給だけは心配のない私でした。(>_<)
posted by holyyell at 02:28| Comment(0) | 菓子博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

出るわ出るわ…


101206-1

 仕事用のかばんの中から出てきた“お菓子”。
最近はビジネスバッグを持ち歩いていますから、そんなにたくさん入らないはず…なのに、このありさま。(>_<) そら、「あんたは女子アナか!」とツッコまれます。

 ちなみに、一番大きく写っている“アメちゃん”(←関西人。)が季節限定の「いちごみるく」です。
もちろん発売元は、オリジナル商品がロングランヒットしているサクマ製菓。これ、つぶつぶイチゴのチョコレートがコーティングしてあるプレミアムもので、この時期限定の商品。ベースとなるキャンディーも“あまおう”という高級品種の果汁を使ったものです。
 パッケージには「いちご感のあふれるとってもプレミアムな味わいです!」とありますが、看板に偽りなし! 本当においしいです。

 …ただし、チョコレートコーティングされているため、ついザクザクと噛んでしまい、その瞬間に「あ、アメやったんや〜」とちょっぴり後悔しながら濃厚ないちごみるくの味わいを楽しむ私でした。でも、結構イケるんです。そういう食べ方でも。
posted by holyyell at 09:00| Comment(0) | 菓子博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

あずきのしっとりキャラメル


101110-1

 こちら、あの、あずきバーの“井村屋製菓”とカンロのコラボ商品! 原料のあずきは、井村屋が吟味したものを使った本格派だそうです。

 センターにこしあんペーストをたっぷり入れているので、あの、しっとりとしたあんこの食感が楽しめます〜。本当にそのものを食べているような錯覚におちいったりする逸品。

 冬場に向かい、さすがに「あずきバー」を食べるのは冷えるよなぁ。という時でも、“あの味”がキャラメルで楽しめるというのは、ありがたい話です☆
posted by holyyell at 23:48| Comment(0) | 菓子博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

可愛らしくも、芳醇。

 お菓子の世界では、“似せたもの”から、“よりリアリティのあるもの”が、スタンダードな存在になってきました。

 そんな中でも「あ、おいしいな。」と、素直に思えたものの一つが、こちらの商品です。


101030-1

 カンロの「じっくり、煮つめた果実キャンディ」。
「創造的に作り、創造的に食べる」ためのフードマガジン「料理通信」とのコラボレーションで開発された“メゾン・ド・コンフィズリー”の、シリーズ第3弾のキャンディ。

 今回は、旬の果実をじっくり煮詰めた「コンフィチュール」(←フランス語でジャムを表します。)をキャンディーにしたイメージのもので、カシスと洋梨の2種類の風味です。

 手毬のような、見た目の可愛さに癒され、口に運ぶと、砂糖の甘さではなく、果実の風味が芳醇さを伴って中に広がります。次第に飴の部分が溶けてくると、中央に封じ込められたコンフィチュール風のフルーツペーストが追い撃ちをかけ、果実感がグッと増します。最後は、まさにジャムをなめているような感覚…。

 キャンディーもまた、実りの秋・到来といったところでしょうか。
posted by holyyell at 23:45| Comment(2) | 菓子博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

カルビー・ひとくち美膳

 今日の仕事のお供はこちら☆


101026-1

 カルビーの「ひとくち美膳」〜雑穀&ベリー です。
「SOY JOY」などと同じような“ちょい食べ系”の食品ですね。パッケージには「中国古来の考えをもとに、自然素材が持つ本来のチカラを上手に組み合わせました。おいしくて、身想いの手軽な食事です」とあります。

 玄米やオーツ麦、ハトムギといった雑穀をベースにしたソフトな食感で、レーズンやクランベリーのほどよい酸味と、クコの実やカシスの甘さがバランスよく混ざり合い、おなかとココロにやさしさをもたらしてくれます。なるほど、果実分26%ですか。そのリッチさがそう感じさせてくれるのでしょう。

 1袋(4個=24g)の栄養成分は、エネルギー=99kcal、糖質=17.3g。おやつとしては申し分ないサイズです☆

 シリーズは、ほかに「雑穀&バナナ」「雑穀&あんず・杏仁」というバリエーションがあります。
posted by holyyell at 02:28| Comment(0) | 菓子博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

ホットケーキなミルクセーキ

 ある日のこと。
ラジオ関西の番組スタッフ・Kさんが手に持っていたそれに、私は思わず目が釘付けになりました。


20101018-1

 「ホットケーキ味のミルクセーキ」って…。

 ダイドードリンコが展開している“復刻堂”シリーズの「森永ホットケーキ ミルクセーキ」という商品だそうです。
 先日、通りすがりの駅のホームにある自動販売機で見つけて迷わず硬貨を投入。手に入れました。

 そして、飲んでみました。

 ベースはあくまでミルクセーキ。それに、ホットケーキのテイスト(ケーキシロップの風味)などが感じられて、甘いもの好きには堪えられない仕上がりとなっています。甘いのに、あとを引きずらない感じも好感が持てますし、ホットでもアイスでも雰囲気は損なわれず、アリだなと思う一品でした。

 ダイドーのリリースには…
「森永ホットケーキミックスの風味がミルクセーキとして楽しめる、森永製菓とのコラボレーション飲料。ホットケーキの持つベイクド感、バターとメイプルシロップのやわらかな香りを再現。昭和の定番おやつの懐かしい美味しさを缶飲料として現代風にアレンジし、パッケージは、昭和後期に販売していた森永ホットケーキミックスのパッケージをモチーフにした。」とあります。
 
 この1本で、「おやつ食ったぁ!」という満足感が得られるのもいいですね。
posted by holyyell at 00:01| Comment(3) | 菓子博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする